アニ・ルソヴァちゃん

テーマ:
みなさんこんにちは。

いつも私の拙いブログを
見てくれたりいいねしてくださり
誠にありがとうございます。

この「アニ・ルソヴァちゃん」も
ベスラン学校襲撃関係の記事。

☆過去のベスランの犠牲者ブログ

9月18日の「アリコワ先生」

19日「ヴァレリア・ブダエヴァちゃん」
「イルマ・ドジャゴエヴァさん」

20日「イリナ・ハナエヴァさん」
「スヴェトラーナ・バリコエヴァさん」

24日「タイラ・ムカゴヴァさん」
「ザレマ・ベクムルゾヴァさん」

10月6日「ダリマ・アリコワさん」
「エカテリーナ・アブロシモヴァちゃん」

8日「ズラータ・アジエヴァさん」
「ザリーナ・アルベゴヴァちゃん」

14日「アリーナ・アリコワさん」
「ザラ・アリコワさん」

17日「ザリナ・クチエヴァちゃん」
「ファティマ・テデーヴァちゃん」

21日「クリスティーナ・ゴロエヴァちゃん」
「スヴェトラーナ・マリエヴァちゃん」

☆ベスラン学校襲撃

7月5日のブログ
「ベスラン学校襲撃(2004)」

9月1日
「ベスラン学校襲撃から13年」

☆ロシアの学校制度

9月18日のブログ
「ロシアの学校、教育制度」

2004年9月1日。

ロシアの「北オセチア共和国」という地域の
ベスラン市。

そんなベスラン市にある
ベスラン学校では
入学式が行われていた。

ベスラン学校には
7歳から18歳までの生徒がいる。

ベスラン学校は
入学式で盛り上がっていた。

あちこちで我が子を祝う声。
生徒たちもおめかししている。
花を持っている。

そこにいたのが

アニ・ルソヴァちゃん
Ani Rusova

2000年生まれの4歳。
ミレニアム少女だ。

ロシアでは7歳に満たない子でも
入学式を見に行くのは普通。

その子に
お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる

または

親が子に「あなたは7歳になればここに通うのよ」とか「学校はこんなところなのよ」と教えるため。

なぜアニちゃんが入学式を見に来たかは
わからないが、理由は上記のどちらか。

そんなベスラン学校を
首謀者のシャミル・バサエフと
32人のテロリストが包囲。
テロリストたちはベスラン学校を占拠。

生徒
生徒の家族や親戚
教師

計1181人が人質。
1181人が狭い体育館に閉じ込められた。

9月1日から3日の3日間
1181人は体育館に閉じ込められ
水分補給やトイレは一切許されなかった。
アニちゃんも閉じ込められた。

綺麗な短髪、
エキゾチックな顔立ち、
ピンクの服を着た女の子が
アニちゃん。

シャミルと32人は
チェチェン独立派のテロリスト。

チェチェンからロシア軍を
撤退させろ!とベスラン学校を占拠。

親とはぐれて泣いた子
水飲み場に走った子は
テロリストに撃たれた。
携帯を鳴らしてしまった保護者も撃たれた。

9月3日。

特殊部隊がベスラン学校へ突入。
テロリストがそのときに人質めがけ銃乱射。
特殊部隊vsテロリストの撃ち合いになる。

そして

テロリストは体育館を爆破した。

テロリストに撃たれてか

爆破に巻き込まれてか

瓦礫の下敷きになってか

理由はさだかではないけど

アニちゃんは亡くなった。

まだ4歳、幼いから

怖くて泣いて撃たれたのかも知れない。

アニちゃん、とても

怖くて暑くて辛かった。

アニちゃんは7歳になったら

ベスラン学校へ通うはずだった。

それなのにアニちゃんは

学ぶ権利を奪われた。

アニちゃん、もっとパパとママに

甘えたかっただろうな。

アニちゃんを返してほしい。

でも、それはもうできない。

アニちゃんを返せと思う。

でもそれは無理だ。

だったらアニちゃんの天国での

暮らしの幸せを祈ろう。

アニちゃん、天国で

すこやかに暮らしてるかな?

すこやかに暮らしてね。

アニちゃんの両親、今ごろ
健康に過ごせてるかな??

「未来のベスラン生、アニ・ルソヴァ」を

7歳のアニちゃんを

17歳のアニちゃんを

見たかった。

ミレニアム少女、アニちゃん。

可愛いアニちゃん。

天国でやすらかに、、、。

アニ・ルソヴァ
享年4

アニちゃんへ
ご冥福をお祈りいたします。

ベスランで亡くなった
334名へご冥福をお祈りいたします。

二度とベスランのようなテロが
起きませんように。

みんなが、明日も明後日も
健康で幸せでありますように。
AD