成分主体論の矛盾 | 野人エッセイす

野人エッセイす

森羅万象から見つめた食の本質とは


テーマ:

物理学者の原人から電話があった。

毎年この時期に伊勢へやって来るのだが、今年は無理なようだ。

今月後半から調査の為にアフリカへ1カ月ほど行くと言う。


原人はソニーCSL(コンピュータサイエンス研究所)で、協生農法、協生理論の研究を進め、原人流の切り口から理論を科学的に証明、世界へ発信、地球復元へ向けて波及させようとしている。

誰も踏み込んだことのない未知の分野への挑戦だ。


原人の依頼で日本アンチエイジングフード協会の「白河三來」さんが30人のモニターを集め、むー茶と測定器を渡して実験するようだが、なかなかよいコンビだな、メールのやりとりは野人の携帯まで入って来る。

急いでいるようで、必要数を茶屋人に作ってもらい今日発送した。


原人は野人同様、「生命」・・植物、動物、農業、健康の世界に本格的に物理学を持ち込み、総合的な解明と波及に生涯を費やそうとしている。

領域が広い上に立体的で、専門学者の手には負えない研究だ。


復元は世界の間違った常識の修正から・・それは産業の破壊でもあり命がけ、その覚悟がなければやれるものではない。


好みと道理は別物、原人はご飯や餅は大好きでよく食べるが、本来人間の食べ物ではないと豪語。

理由は、どちらも「喉につかえて呑み込めない」からであり、それは野人も同じ、数ある道理の一つで単純だが重要な判別法だ。

物理は物理、実際にどうするかは個々の感性、好みでかまわないのだ。


原人に確認事項があり、見解を聞いた。

理論は出来ているが半年間公表を見合わせている「静と動 陰陽のエネルギー論」についてだ。

協生理論は二人三脚、原人の研究と重なる部分は見解を擦り合わせしないといけない。

理論は何の問題もなかったのだが・・

原人が面白いことを言った


原人も野人やべ~人同様に栄養学の矛盾、間違いをはっきり指摘している。

結論は同じなのだが切り口が三者三様、どれも理が通り誰も覆せない。


農業や健康食品産業も栄養学同様、成分から入り効能、効果に終わる。

成分から入るのはかまわないのだが、成分から入るのならそこに含まれる「無数の成分」すべての検証が必要になる、それが物理。


しかし・・いまだわからない微量成分が多く、それらがどのような役割を果たすのかも不明

地球の元素すべてを含む「塩」も大地も同じで、微量元素が生命にどのように関係するかいまだ誰にもさっぱり解らないのが現状だ。


その中から特定の成分だけ取り上げ、実験効果を唱えたのがそれらの分野、だから新たな発見の度に常識が移り変わりとても物理と言えるものではない。

白河さんの「野人理論解読マニュアル記事」でも同じことを言っている。

あれが体に良い、これが悪いと発表しても個人の道理に過ぎず、利害の絡むことが多くいまだ決定打も出ない。


「成分を唱えるなら成分すべてを唱えてからにしなさい 個々の特性 相関関係・・」

たしかに原人の言う通りお粗末、解明には気が遠くなるほどの時を要し、それでもわかるはずもなく終わりがない・・それが野人の所見。

膨大で立体的な生命の仕組みの中で成分は一つの点に過ぎず、はるかに大事なことを見落としている。


野人はその世界に深く首を突っ込まず、誰にでもわかる足元の単純な道理で結果を出そうとしている。

結果が完全なら多くの人が救われ、科学の証明が必要なら後世の学者が時間をかけてやればよい。

現状を復元する事が最優先なのだ。


首を突っ込まない単純な理由は・・


「地球上の生き物すべて 

  成分など気にせず生きられる


野人は彼らと同じ土俵で思考を進めている


命のお話 原人講演動画

http://ameblo.jp/muu8/entry-11951464798.html

科学物理学会の現状と境界線2

http://ameblo.jp/muu8/entry-11638810134.html

科学物理学会の現状と境界線3

http://ameblo.jp/muu8/entry-11639538310.html

思考の盲点 野菜と健康4 終章

http://ameblo.jp/muu8/entry-11574259640.html



機械から生命へ・・

完全な植物を食卓へ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
愛犬ポチ・・


ムーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。