みなさん、こんばんは!

ナースステーションたんぽぽ&ikiなまちかど保健室みゅうちゅあるです。

 

今日は夕方から地域の教育ステーションで、管理者研修に参加してきました。

管理者研修は、全国及び東京都レベルのものと今までもいろいろと参加してきましたが、今回のような地域の中で行われる管理者研修は、

小規模ながらも顔見知りのみなさんと、あーだこーだと本音で話ができること、同じ地域で働いているからこそ分かち合えることなど、メリットがたくさんあります。

「わかるぅー、そうだよねー」

「わかっちゃいるけど、いいすぎちゃうんだよなぁー」

「そうそう、ほめること!さすがっ。そういうことが大切だよねー」

管理者同士だから、ぶっちゃけ話ができる。

グループワークもかなり盛り上がってしまう・・・・(笑)

いい研修でした!

 

さて、今年もやってきました「ケアリンピック武蔵野2018」

ナースステーションたんぽぽ&ikiなまちかど保健室みゅちゅあるは、今年も積極的にあらゆるところに参加します!

ポスター発表、事例発表、健康チェックコーナー。そして、いきいきサロンで発表!!

ポスターや事例発表者は、締め切りとの戦いです。

少々運営側にご迷惑をかけてしまう場面もありましたが、なんとか本場に備えて準備万端!?

過去には、副所長はこんな実績も・・・。

今年も頑張って発表します!!

 

今年のメインイベントは、ikiなまちかど保健室の参加者のみんさんと舞台で、「ハンドベルと歌」の発表をすることです。

ハンドベルは、厳かに・・・

歌はとにかく元気に楽しく!

 

参加者のみなさんとは、全部で4回の練習をしてきました。

第1回目の練習では、(私の心の声)「やばっ!まずいっ、大丈夫かなぁー」

第2回目の練習では、(私の心の声)「うーん、何回かやればなんとかなるかなぁー。でも、まずい、大丈夫かなぁー」

第3回目の練習では、(私の心の声)「なんだか、真剣さがでてきた!これは、いけるかもしれないっ!なんとなく先が見えてきたっ」

第4回目の練習では、大学の先生や作業所の若者たち、ご家族様が見学をし、本番さながらの練習でした。

(私の心の声)「みなさん、すばらしいー、みなさんの底力を感じるぅー。ちょっと感動しちゃう!!」

 

そこには、ドキドキ、イライラ、から、ドキドキ、ワクワクに気持ちが変わっていく自分がいました(笑)

やるからには、やるっ!!

やるからには、観客のみなさんに感動を!

やるからには、観客のみなさんに元気を!

 

練習を重ねるごとに、みなさんがどんどん本来の力を発揮して、どんどん上手になります。

あとは、本番を迎えるのみ!

と思いきや、当日は一度保健室で練習をしてから本番を迎えよう~ということになりました。

 

「あー、緊張してきた!」

「挨拶しているときに入れ歯がおちたらどうしよう!」(笑)

「大丈夫かなぁー」

 

みなさん、それぞれいろいろな思いがありながらも本番を迎える準備ができました。

 

人間は、ぼーっとして過ごすよりも適度な緊張があるとシャキーンとして心身ともに活性化され、元気になります。

普段やり慣れないことや、ちょっと難しいことにチャレンジすることは大変だけれど、頑張ってやりとげる経験は達成感にも通じ、自信にもなり、ますます元気になります。

今、こうしてサロンのみなさんと時間を共にしていると、これは年齢問わずだなぁーと実感します。

自分も負けていられないぞぉーと、気合が入ります。