こんにちは、開発部の杉江ですもぐもぐお茶

月曜日ですね、今日からまた一週間頑張りましょう~グッ

 

昨日の日曜日はお休みをいただき、お家の見学会に行って来ましたチュー

本野精吾さんという大正から昭和初期にかけて京都で活躍された建築家の自邸ですキラキラ

 

 

京都嵐電北野白梅町駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅街にありますOK

竣工はなんと1924年びっくり

100年近く前のお家だそうです、すご~い!!

表札もお洒落ルンルン

ブロックむき出しの外観、かっこいいですね~ラブ

 

 

上三角下三角上三角下三角上三角下三角上三角下三角上三角下三角上三角下三角

 

京都新聞のニュースより

 

国内最初期のモダニズム建築「旧本野精吾邸」

 

本野は戦前の建築家で現京都工芸繊維大の教授も務め、

自らの設計で1924(大正13)年に自邸を完成させた。

旧本野邸は、むき出しのコンクリートブロックが用いられる一方、

日本の風土や気候に合わせて窓や建物の上部に軒や庇(ひさし)も設けられ、

欧州と異なるモダニズム建築の特徴を示す。

 

上三角下三角上三角下三角上三角下三角上三角下三角上三角下三角上三角下三角

 

 

現在は設計事務所のオフィスとして使用されているそうですニコニコ

 

このように長く愛されて大切に使われるお家って素敵ですよねOK

むとうの家も長く愛される素敵なお家を作っていきます!!