「若者は電話に出ない」問題。20代と40代、双方の言い分は?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190211-00117250-bizspa-life&p=3

 

 

 

こんな記事が、ヤフーニュースに載っていました

 

 

皆様は、どう思われますでしょうか?

 

 

bizSPA!フレッシュ

客も部下も、若者は電話に出ない…

 賃貸物件を扱う不動産会社で働いている岡村昇さん(33歳・仮名)は、電話に出ない若者に心底困り気味です。

「主に20代のお客さんなのですが、電話に出てくれないんです…」

 お客さんにもそれぞれの都合があるでしょうし、電話に出られない場合もあるかと思いますが、どうやら込み入った事情があるようです。

「我々の業界は今が繁忙期で、人気のある賃貸物件はすぐに埋まってしまいます。この前、20代前半の男性のお客が来店し、ある物件を内見したところ『少し考えたい』と言ってきました。すると次の日、同じ物件に別の人から問い合わせが来て。

 そこで迷われている彼に今の状況を伝えたいと電話をするのですが、出ない。仕方なくメールをしますが、こちらは何人ものお客さんを相手にしているので、いちいちメールでやり取りするのが煩わしいのが本音。『問い合わせとのことですが、決まりそうなんですか?』とか返信が来ると、『電話で言えば簡単なのに。ああ、面倒くさい!』となります」

 

 

と賃貸屋さんの営業の人が言っていますね

 

 

時代も変わり、メール時代となっているようです

 

しかしながら、メールだと違う意味に解釈されることもあるんではないでしょうか?

 

 

「家を売る女」

天才的不動産屋・三軒家万智さん

彼女に売れない家はない!!!

 

 

彼女は、あまり無駄口は叩かないですけど喋ってますね

 

 

「家を売る男」

むとうのスーパーええ業マン・営業部長

彼に売れない家はない!!!

 

 

部長は、あまり無駄口を叩かないですけど、お客様にいいお家を買っていただきたいと思った時には無茶苦茶喋ります!

 

 

もちろんメールもしますけどね

 

 

むとうの家を買っていただくには、やはり喋ってお客様に最高のお家をすすめさせていただきたいですよね

 

 

自由設計のむとうの家

買っていただいたお客様との図面や仕様決めも、むとうの家設計士と一緒にお話ししながら決めてます

 

 

 

むとうの家では、電話もメールもどちらでも対応しております

 

 

人生最大のお買いもの

 

むとうの家にお任せください!!

 

 

土日・祝日もOK!! お気軽にお問い合わせください。