カナダにCELTA留学 その4 | 英語講師 武藤一也のブログ

英語講師 武藤一也のブログ

東進ハイスクールと地元群馬で高校生や社会人に英語を教えています。TOEIC LR/ SW(全技能満点)、英検1級。自分も毎日英語を勉強しています。https://mutokazu.com/

授業初日は9時集合です。

 

初日は緊張しました。

 

1クラス何人なのか、どんな人が来るのかも全く分からずという感じでしたが、とりあえず8:30頃教室へ。

 

既に4人くらいの生徒がいて、軽く挨拶したり世間話をしたりしていました。

 

今回の生徒は12人で、出身はカナダ、イギリス、アメリカ、トリニダード・トバゴ、インド、イラン、サウジアラビア、という感じですが私とイラン出身の女の子以外は皆bilingualで正直自分が一番英語力低かったです。

 

授業やコミュニケーションの英語は全く問題無いんですが、純粋な「英語力」という意味では、越えられない壁を感じました。

 

ですが、今回の留学の目的は英語力のアップではありません。

できる限り正しい英語を話すことは大前提としても、主な目的は

英語教授法の修得です。(その過程で英語力は自ずと上がると思っていましたが)

 

英語で効果的な授業ができるようになること。

新しい知見をたくさん得て日本に帰ることです。

 

出講先の予備校の方々や、えいもんを任せている社員、だけでなく身銭を切って高いお金を払って来ているので、1秒たりとも無駄にしないという意気込みで臨みました。

 

授業に必至で食らいつくしかない!

 

明日からは授業の様子について書いていきます。

 

ちなみに、初日の授業のあと日本のスマホを使えるようにするためにシムを買いに行きました。

 

 

docomoのHPからシム解除するのに少し手間がかかったけれど、無事にシム解除出来て、カナダの大手通信メーカーの1つTELUSのシムに交換しました。