カナダにCELTA留学 その3 いざカナダへ! | 英語講師 武藤一也のブログ

英語講師 武藤一也のブログ

東進ハイスクールと地元群馬で高校生や社会人に英語を教えています。TOEIC LR/ SW(全技能満点)、英検1級。自分も毎日英語を勉強しています。https://mutokazu.com/

カナダにCELTA留学 その1

https://ameblo.jp/mutoeigo/entry-12523011128.html

 

カナダにCELTA留学 その2

https://ameblo.jp/mutoeigo/entry-12523289959.html

 

面接を無事?パスすると、

事前課題(Pre-course Task)と推薦図書のリストが送られてきます。

 

事前課題は約30ページに渡り問題がびっちり。

それを毎日の授業と仕事が終わった後、体力が残っているときにはコツコツと取り組んでいました。

 

ですが、結局、最後までは終わらず、課題図書も読み終わらず、

もうこれは、飛行機の中でやるしかない!

羽田からトロントまでは13時間あるのでその時間で仕上げられるはず!

 

前日まで夏期講習をして、出国の午前中も塾に顔を出して、そのまま出国です。

 

 

出国ぎりぎりまで原稿を書いたり、オンラインで振込手続きなどをして、機内に乗り込み13時間ひたすら課題!

(一瞬うとうとしたけど、ほとんどの時間を課題に費やしました)

そのかいあって、トロントに着くまでには事前課題は全て終わりました。

 

(機内ではほぼ起きてました。なんかモニターが近未来的な感じがして撮ってみました笑)

 

トロントに着いたのが17時ぐらいで、入国審査を終え、あまりにも疲れていたのでタクシーで1か月過ごす家に向かいます。

 

トロントにいる間の滞在場所は学校から徒歩5分くらいのところにある一軒家の1階です。

リビングダイニング+ベッドルーム+シャワーとトイレがついていて、定期的にハウスキーピングとタオルの交換をしてくれるので快適。

 

ですが、夏のハイシーズンということもあり、トロントの家賃はめちゃ高い。群馬の家賃の半年分くらい

 

ですが、学校までの近さを優先したかったのでここに決めました。

実際、徒歩5分で行けるというのは体力的にも時間的にもとても助かりました。

 

18時頃に家に到着し、ちゃちゃっと荷物をまとめ、日用品の買い出しに行きました。

とりあえずスーパーまで歩きます。片道800mくらいなので地味に遠い。

 

フードコートで軽く夕飯でもと思ったのですが、この日は祝日らしく全部閉まってました。

スーパーはかろうじて開いていたので、初日の夕飯を買いました。

 

↓初日の夕飯

 

↓反対側はフランス語です

 

その日の夜は疲れているはずなんですが、時差ボケ?なのか緊張しているのか、あまりよく寝れませんでしたが、明日の朝9時から授業です!

 

がんばるぞー!