甲子園真っ最中の今日この頃。

私の友達は無事に一回戦突破です。


野球って本当に見ていて楽しい。

特に高校野球は最後の最後まで
本当になにが起こるかわからなくて
楽しい。


昔から甲子園は予選から見ていて、
上手な選手探したり
いろいろ応援したりして
勝手に楽しんでます。(笑)

自分が今までで一番応援したのは、
二年前、二年生ながらピッチに立った
明徳義塾の岸くん。

いやーすごかったよ。とにかく。



でも、うちが好きな守備は
キャッチャー、ショート、センター。

とくに、キャッチャー、センターは
よく見るかな。


高校野球って盗塁がとにかく多いし、
キャッチャー本当に大事。

あとは、流れ悪い時のキャッチャーの盛り上げ方だよね。

うち的には東東京決勝で大差で負けちゃったけど日大豊山のキャッチャーはすごいすきだった。
何点離されても、エースが打ち崩されても、向かってく姿勢は一番たくましかった。



プロ見ててもそうだけど、
野球ってやっぱピッチャー全てみたいに
思われがちだけど、
勝ってても、負けてても、ピッチャー交代はするけどキャッチャーは1人でリードし続ける。

当たり前だけど、一昨年、すごくそれを感じたときがあった。

マー君が負けなしできてて、すごく注目されてた。けどあと白星ひとつのとこで負けちゃって優勝は翌日に持ち越された。翌日九回裏ツーアウトからマー君がでてきて、見事優勝した。マー君はたしかにすごい。だけどマー君をはじめ沢山のピッチャーを1人でずっとリードしてった嶋さんはもっとすごかった。

{DAD97769-70F1-4186-9917-A727B7426B8E:01}


この写真すごく好き。
優勝の瞬間ね。


それから嶋さんがすごく好き。




離れることが仕方ない時もある。


自分の場合は、彼奴を信じてあげれなくて、だからきっと離れなきゃいけなくて、自分なりに正しい答えだと思ったんだけど、だけど、結局失ったものしかなかった。


今まで出会ったときから当たり前のようにそばにいて、いつでも横で笑ってて、どんなにつまんない話でも面白くしてくれた。


ひとりいなくなっただけでこんなに変わるんだね。あなたの影響力はすごいです。


前にも一度別れたことがあったな。
そん時も自分はすごいヤケになってて、
仲の良い男子に相談乗ってもらってて
それで言い寄られて、道を踏み外したり、

高1でも好きなひと?気になる人?ができた。それは、かっこよくって、きらきらしていて、優しくて、いいひとだった。

その人のこと別に本気じゃなかったわけじゃない。でも本当の気持ちはとっくに自分の中に押し込めて連絡取らないようにしてたから。

だけど、もう一度会ってみたら
やっぱり安心した。好きだった。


自分はいつでも自分の気持ちを伝えられなかった。だからちゃんとつたわらなかった。こんなにこんなに想っていても言葉にしなきゃ伝わらないことがある。


だからね、今はすごく叫びたい気分。


今までは、こんなに引きずってる自分を恥ずかしく思っていて、あんまり相談とかできなかった。

だけど、今は自信をもって好きだって言えるよ。


もともとはすごく仲のよい友達同士だったんだけど、だからこそ本当の気持ちが恥ずかしくってなかなか言えなかった。笑われるんじゃないかってね。

でも、あの人は普段はすごく馬鹿にしてくるけど、大事な時には黙って耳を傾けてくれたし、なかなか言えなくてもずっと待っていてくれた。


だからね、決めたよ!ちゃんとちゃんと自分の気持ちに正直になりたい!




あなたに出会えなければ、こんなに素敵な経験はできなかった。
あなたに出会えて恋に落ちて本当に私は幸せでした。
出会ってくれてありがとう。
誰にも負けないくらいずっと大切で大好きな人。













最近、趣味についてばっかり更新していたからちがうことを。


前はよくここに書いていたんだけど

なんてゆうのかな、自分が初めて本気で好きになった人かな。


もうずっと読んでくれてる人とかはすでに知ってる話だけど、

自分が中学一年のときに好きになって
卒業するまでずっと好きだった人。


入学当初から仲よくて、
お互い親友って思い合えるくらいで、
いつしか好きになってて、
でも友達がその人のこと好きだって知ってなかなか踏み出せなくて、

やっとの思いで両想いだってわかったひと。



なんで好きになったのか、とか
どこが好きなのか、とかよりも
ここが嫌い、直してほしい、とかの方が多いけど

だからこそ、これが本当の恋なのかなって思った部分もあった。

嫌いなとこたくさんあげられる。
けど、それを受け入れる気だったし、
むしろそこも含めて全てが好きだった。


でも、どこが好きかっていったら、
趣味がとことん合うとか、
ペースもぴったりなとことか、あるけど
なによりも、自分が辛い時に何も言わなくてもわかってくれたり、
あと、その人の前だと自然体でいれる。

自分は親友って呼べるくらい仲の良い友達でも、なかなか自分のことになると相談とかできなくて、でも彼奴だけはちがう。
彼奴の前では、どんな自分も出せる気がする。一緒にいて楽だし安心する。



だけど、もう諦めるってちゃんと決めたんだ。1年前に。

彼奴が魅力的だから、彼奴以上の人がいなくて、他の人に好かれても全然そっちにいけなくて。だから、ちゃんと諦めようって決めた。


しばらくたって、back numberの失恋曲を聴くと、四年も前のことなのに、景色も鮮明に思い出されて、また恋しくなる。

彼奴もback numberが好きで、
この自分が好きな失恋曲も彼奴も好きな曲で、そんなことも思い出されて、、、


まだ忘れられそうにないのです。


初めて二人で遊んだ日のこと、
毎日横顔を眺めていたこと、
たまに眺めていたグラウンド、
二人きりで残った教室、
初めて手をつないだ日のこと、
毎日背比べしていたこと、
初めて両想いを確認したメール

すべてまだ忘れられない。
前に進めない。

自分から連絡を絶っていたけど、
あるきっかけでまた最近取り出して
ああやっぱ落ち着くなって。




とても未練がましいのはわかってる。けどそれだけ魅力的なんです。


でも未練がましいのはとても恥ずかしくて、誰にも言えない。理解してもらえない。


でも、同じような経験をした人がいました。今はあんまり連絡とってないけど、会えたことで間違いなく前向きになれた。

たばるくん久々だな、元気かな、
出会えてよかったな、またじっくり語りあいたいな。笑