駅弁(仙台駅)/ 伊達政宗弁当 | 夢酔亭主人のオムライス食日記

夢酔亭主人のオムライス食日記

上野、浅草など下町中心にオムライスや美味しいランチの食日記。

開幕ダッシュとはいかないまでも順調な滑り出しの我がスワローズ。
 

ヤクルトさんから株主優待券が送られてきた。

 

外野自由席4回分の入場券。
 

ヤクルトさんとはファンとか株主というだけじゃなく仕事でもお付き合いがある。

 

試合のチケットは会うたびにいただけるので今週と来週のチケットは確保。
 

川端慎吾選手からは実際に使っているバットをサイン入りでいただいたりとか・・・

 

いつもありがとうございます。

 

そしてこれからもよろしくお願いします

 

さて、神宮観戦記事の前に、昨日の続きを先に書いておこう。

 

仙台出張の帰路の新幹線。

 

お酒も買ったし、つまみ兼食事の楽しみは駅弁。


最近はどこの地方でも工夫を凝らした駅弁が目白押しで、クオリティも向上している。

 

●伊達政宗弁当(1,050円)


東北の雄独眼竜伊達政宗。


その昔、渡辺謙主演の大河ドラマは面白かった。

 

しかし、中には吉原の高尾太夫に振られた挙句、切り殺すという暴挙に及び、江戸中の庶民の笑いものになったバカ殿様もいる。

 

東北らしいというか、質実剛健というか・・・


飾り気も何もない田舎の弁当だ。


主役は3種類のごはん。


それではいただきます割り箸

 

仙台から東京までは1時間半。

 

飲み物はこれだけでいいだろう。

 

焼魚は銀鮭の照焼き。


肉は鶏肉の照焼き。


笹かまぼこ。


料理名は分からないが紫蘇で味噌を巻いたものも美味い。

 

梅酢蓮根。


煮物は人参、蒟蒻、ごぼう、きぬさや・・・

牛肉の甘辛煮にこごみのごま和え。

 

そして空飛ぶ円盤。

 

おにぎりの間にもなんかいるぞ・・・?

 

出たな!妖怪!


何でいつも他人の陰に潜んでいるんだ。

 

ここまでは酒の肴にもなるが、メインは3種類のおにぎりのようだ。

 

でっかいおにぎりだね~。

 

他にも、くるみおこわ、味噌おにぎり。


完食した時にはお腹もパンパン!


駅弁でここまでボリュームがあるのは初めてかも。


美味しい食事をいただき感謝をこめて
「ごちそうさま!」

 

【本日の名曲コーナー】

 

桜は梅や春の始まりで、これからが本格的な春。

 

夢酔亭では雪柳や山吹が満開。

 

わしは山吹色は大好きじゃ!

 

ビバルディ作曲、「四季」より『春』の第一楽章。