すし栄(浅草)/ 江戸前鮨とモーツァルト | 夢酔亭主人のオムライス食日記

夢酔亭主人のオムライス食日記

上野、浅草など下町中心にオムライスや美味しいランチの食日記。


テーマ:

数年前デパ地下がブームになったこともあるけど最近はやや下降気味。


私が知る限りデパ地下で本当に美味しいものって、ありそうでないような気がする。

 

ランチは東武の浅草駅にある松屋デパート。


地下一階の食品売り場の「銀座すし栄」さん。


ここもテイクアウト主体のお店だが、奥に隠れるようにあるオートインコーナーはお薦めできる。

 

どこにでもあるようなデパ地下のお店だがどこにもないとんでもない鮨屋なんだ。


「創業嘉永元年」


西暦でいうと1848年。


現存する日本最古の江戸前鮨のお店だが、本店は現在休業中。

 

浅草店はデパ地下ということで便利で手頃な価格。

 

前回と同じくAランチを注文。


店内はづけ台のみで、4人の熟練の職人さんが仕切っている。

 

とりあえず熱燗。


温まるね~。

 

●Aセット(1,000円)

 

おきまりのお鮨は7貫+巻物1本というのが一般的だが迫力の10貫盛り。


さすがに高級な種はないけど1貫100円程度という値段からすればコストパフォーマンスはひじょうに高い。


それではいただきます割り箸

 

白身魚とあおさの味噌汁。

 

時代とともにぎり鮨の大きさはどんどん小さくなっているが、昔ながらの地紙形の理想的なフォルム。

 

コリコリ食感の鯛も昆布で〆てあるので味に深みがある。


鯵も美味い。

 

酢生姜はホントは砂糖は使わないのが好みだが、デパ地下ということもあり一般受けするように甘さを加えてある。


10貫を食べ終えても胃袋にはまだ2貫分の余裕がある。

 

●車海老+こはだ(432円+162円)


車海老は才巻きよりやや小さい。


似ても焼いても食えないと言われるこはだだが、江戸前鮨ではチームを代表するエースで4番のヒーロー。


やや強めの〆加減は昔の鮨って印象だね。


美味しい食事をいただき感謝をこめて
「ごちそうさま!」

 

【本日のスイーツコーナー】

 

お鮨のあとのスイーツは「チロルチョコ」 

 

期間限定で発売されているモーツァルトチロル。

 

1粒45円で楽しめる甘いセレナーデ。

 

モーツァルトといえばお酒もある。 

 

オーストリアのチョコレートリキュールでそのままでもいいし、ミルクで割って「モーツァルトミルク」、ブランデーと生クリームを加えシェイクすると「パパゲーナ」というカクテルになる。

 

ブランデーの代わりにバーボンを使いコーヒーを少し加えてみた。
 

おそらく他ではないと思うので、これぞ夢酔亭オリジナルカクテルとして「ケルビーノ」とでも命名しようか(笑)

 

スイーツにも使えるし、私のお薦めはアイスクリームにかけて食べるとこれまた相性よしこサン。

 

 

今日の名曲はモーツアルト作曲歌劇「フィガロの結婚」より、ケルビーノのアリア『自分で自分がわからない』

 

ケルビーノの歌い手としては、エリザベート・シュワルツコップやエディト・マティス、アグネス・バルツァなどが挙げられるだろう。

 

しかし、私が最高のケルビーノだと思っているのはフレデリカ・フォン・シュターデ

 

恋に悩む少年の役をシュターデは若々しく表情豊かに歌い上げる。

 

1973年、グランドボーン音楽祭のライブでこのDVDは私のコレクションでもお気に入りの一枚。

 

【お店】 
・銀座すし栄 浅草松屋地階店
・東京都台東区花川戸1-4-1浅草松屋B1F

 

夢酔亭主人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。