夢酔亭主人のオムライス食日記

蕎麦鑑定士

上野、浅草など下町中心にオムライスや美味しいランチの食日記。


テーマ:

私の周りに「ワイン通」が数人いるが、ボーナスが出ると1本50万もするワインを買ってきてそれを眺めながらニタニタしているそうな。


ウイスキーの場合は高いと言ってもせいぜい5万円ほどなので懐も痛まないけど、あまりワインに凝ると財産をなくす恐れすらある。


私の場合ワインに関するこだわりはあまりない。


フランスよりはイタリア、葡萄はメルローでやや軽めであれば何でもいいかな。


池袋ワイン倶楽部さん。


久しぶりの訪問だが内装もメニューもリニューアルされていた。


一人なので静かなカウンター席に座る。


とりあえずワインをいつもの夢酔亭流で注文。


白、赤、スパークリングの3種類を同時にもらう。


注いでもらう時にはオットット・・・と掛け声をかけ、「表面張力よし!」と指さし確認が必要だ。


一般的にワインは明かりで色を確かめたり、軽く回して香りを楽しんだりするが、この店ではそんな余裕はない。


ワインはそのままの位置で、こちらからお迎えに行かなければならない。


うん、美味い!


お通しは目の前で切ってくれる生ハム。


●チーズオムレツ


オムレツは想像してたのと違ったけど具もたっぷりでふんわりした食感が魅力。


●アラビアータ


ピリッと唐辛子が効いたワインに合うペンネ。


●ザブトンのステーキ


ステーキは部位ごとに数種類ありg数も選べる。


ザブトンの80gをお願いした。

3種類のソースと塩で食す。


最初の一切れは何も浸けずに食べ、醤油系、洋風系、マスタードと食べ比べる。


その中でもいちばん好みだったのは塩だけ。


岩塩だと思うがこれが肉の旨味を一番引き出していた。


飲み物は「ジンと肉?」


ジントニックに胡椒を振りかけてあり肉料理に合う。


●ピッツア


以前は30cmのホールピッツアだったがちょうど1人前サイズに変ったのはありがたい。


12種類の中から選んだのはマルゲリータ。


500℃の窯で一気に焼き上げたピッツア。


焼き時間はおそらく1分程だろう。


この温度がアメリカ生まれのパンの一種であるピザとは違う本物のナポリピッツアの条件。


いつもながら楽しい雰囲気と美味しい料理に大満足。


今日も美味しい食事をいただき感謝をこめて
「ごちそうさま!」


【お店】
・池袋ワイン倶楽部
・東京都豊島区南池袋1-24-6
http://r.gnavi.co.jp/g851583/


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

夢酔亭主人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。