正しい学習法 なぜ学ぶ必要があるのか? | 十和田の塾なら、さくらアカデミー|進学塾・学習塾の教室ブログ

正しい学習法 なぜ学ぶ必要があるのか?

なぜ学ぶ必要があるのか? 学習の目的と効果について


講師をしていると、学習することの目的と効果について、

 

問われることも多いです。


なんで勉強なんかしなくちゃいけないんだ、

 

と思っている人も多いことでしょう。


僕の個人的な考えを最後に述べさせて頂きます。



学習の目的とは「創造力」を高めることです。



人間と他の動物の違い、人工知能との最も大きな差、それは「創造力」です。


皆さんはこれから社会に出て価値ある仕事をするでしょう。

 

仕事とは、受験対策よりもさらに難しく、また決まった答えが無いものです。

 

受験が「答えがある問いへの挑戦」なら、仕事は「答えが無い問題への挑戦」です。


例えばサービス業なら、どうすればもっとお客様に満足して頂くことが出来るか。

 

営業職なら、どうすればより効率よく売り上げを伸ばすことが出来るか。

 

メーカーなら、より顧客のニーズにこたえる商品を作るにはどうすればいいか。

 

地方公務員なら、地域発展のために何ができるか。

 

このような決まった答えの無い問いに対して、創造力を駆使して答えていくことを求められます。

 

 


各教科の学習は全て創造力を高めるために役立ちます。

 

国語と数学で思考を磨くこと。

 

化学で先人の功績を追体験すること。

 

英語と古文で視野を広げること。

 

地理と歴史で情報を知ること。

 

今、全力で受験対策に取り組んでいる皆さんは、創造力を発揮し、いい仕事が出来るはずです。


 

学習の効果とは「自由」が得られることです。

学習することで、能力を高め、3つの自由が得られます。


1つ目は「収入・待遇」収入が増えます。


2つ目は「職業の幅」選べる職業の幅が増えます。


3つ目は「地域社会・人類への貢献」いい仕事をし、周囲に喜ばれます。



学習することで、好きな選択肢を選ぶ「自由」が手に入り、人生の幅を広げることができます。

 

自分の能力をフルに生かして、

 

自分のやりたい仕事で、存分に稼ぎ、存分に社会貢献をしてください。

 

今の時代、いろいろな成功の形があります。

 

組織に属して大きい仕事をするのか、自らビジネスの種を見つけて起業するのか。

 

高い能力があれば、何でお金を稼ぐのかも、自由に選ぶことができます。 


自分らしく生きることができること。

 

それが学習の効果と言えるでしょう。



学習に取り組む皆さんに、必ず考えておいてほしいことがあります。


それは「自分は何のために学ぶのか」ということです。

 


 
他の誰にも言えないような、一見幼稚な野望でもかまいません。

 

何でも良いんです。

 

私は好きなアーティストのコンサートをいつでも見に行ける環境が欲しかったため、

 

アクセスの良い国公立大学に進学しました。

 

自分だけの学習意義を、心の中に持っていて欲しい。


学習意義がしっかりしている生徒は、必ず伸びます。

 

究極のところ、受験対策がうまくいくかどうかは、

 

「どれだけ本気でその高校・大学に入りたいと思っているか」で決まります。

 

要は才能よりも、気持ちの勝負です。

 

「目的・効果」という土台がしっかりしていれば、「成果」という立派な城が立つのです。



私は、皆さんが将来、人生の幅を広げ、

 

仕事が出来る大人になってくれることを願っています。

 

頭でっかちになって、批判ばっかりしている人間は、最低だと思います。

 

批判するより、不平を言うより、自ら動き、世の中を良くしようではありませんか。



皆さんのご両親一人ひとりも、かけがえのない重要な仕事をしてきた一人です。

 

人類は一人ひとり、少しでも良い仕事をしようともがき苦しむことで、前に進んで来ました。

 

皆さんの仕事能力が高くなり、いい仕事が出来れば、

 

世界は少し良くなり、人類は一歩前へ進みます。