正しい学習法 ~英語~ | 十和田市の進学塾/学習塾「さくらアカデミー」 三本木高校・三高附属中・国立大合格専門塾
2018年06月20日(水) 16時15分44秒

正しい学習法 ~英語~

テーマ:教室の日々

Vol.3 教科別の学習の進め方「英語」

 

英語の学習に、悩んでいる方は多いと思います。

どうすれば伸びるのか。

何をすれば良いのか。

その点を、3点アドバイスさせて頂きます。

 

まず、「どうせ学校の英語なんて使えない」「英語なんて話さないから必要ない」と自信を失うのは、大きな間違いです!!!

一昔前はいざ知らず、今皆さんが習っている英語は、かなり実戦的ですし、とっても伝わります。

日本の英語教育を否定するときによく言われる「My name is ○○ なんてネイティブは使わない」というのも嘘で、よく使われます。

必ず将来役に立ちますので、ぜひ自信を持って学びましょう。

 

今日は「単語の覚え方」というテーマで進めたいと思います。単語を制する者は、英語を制す。

英語を制する者はセンターを制します。

英語は絶対に得意にしましょう!そのために単語が必要です。

この夏は、「単語をマスターする!」ということを、絶対達成しましょう。

 

 

1点目 単語を覚えるには、どのくらい学習すれば良いのか?

1つの単語を覚えるには「1ヶ月で7回」程度その単語を見てください!!!

「自分は単語を暗記するのが苦手だ」と諦めている生徒様、もしかしたら、その回数が足りないだけかも知れませんよ。

しっかり反復して、単語暗記にチャレンジして見ましょう。

まずは「発音しながら3回書く」。

次に「わかっているかセルフテストしてみる」。

1日後に「テスト」。

3日後に「テスト」。

1週間後に「テスト」。

2週間後に「テスト」。

3週間後に「テスト」。

これが全部終われば、単語は暗記できるはずです。

とにかく接触回数を増やすこと!工夫して取り組みましょう。

 

 

2点目 どのように学習すれば良いのか?

単語帳を「見ているだけ」、単語を「書いているだけ」、これでは、覚えるのに時間がかかります。

ベリタスアカデミーの坂木利信先生も言うように、「にらめっこ暗記」は効率が悪い。

もっと工夫しましょう。

単語暗記で最も効率が良いのは「自分でテストをしてみる」ことです。

英語の意味だけを見て、すぐ日本語がどうか、セルフテストしてみてください。

単語帳で100個ずつテストをするのがお薦めです。

100点が取れるまで繰り返しましょう。

 

また、「ターゲット1900」という参考書があります。

これは大学入試二次試験レベル向けですが、ターゲットシリーズは無料のテストアプリ「ターゲットの友」があります。

例えば通学時間、休み時間など、スキマ時間を活用しながら、このアプリで単語を学習していくのは、非常にお薦めです。

個人的には、英単語の暗記はターゲットの友」が最高だと思います。

ちなみに、センター試験用に「ターゲット1400」、熟語用に「ターゲット1000」、英語初級者(中学生用)に「ターゲット1200」があります。

 

 

3点目 番外編 「音声認識機能の設定を英語にして使ってみる」

例えばiPhoneやタブレットが、近くにある方。

ぜひ、「音声認識機能」の設定を「英語」に変更して、実際に試してみましょう。

「Should I have umbrella today?」

「What is the best phone?」

「Do you like chocolate?」

「Can you spell biology?」など、聞いてみて下さい。

Siriさんが応えてくれたら、あなたの英語は「外国人にも通用する」と言うことです。自信を持ちましょう!

 

 

英語はすぐには伸びません。

しかし!努力が必ず反映される科目でもあります。

時間はかかります。夏から、頑張って取り組んで行きましょう!

夏までに「単語」を鍛え上げてしまうのが、成功のポイントです!

 

 

 

むすび丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス