Tiki Bar Tokyo の日本酒〜イチノさん編〜 | mus mus   ムス太郎のブログ

mus mus   ムス太郎のブログ

新丸の内ビル 丸の内ハウス

蒸し料理レストランmus musのブログ。旬の食材のお話や、お酒の話、生産者さんの素顔のお話など♪


テーマ:

今日も系列店舗のTiki Bar Tokyo の話。

 
ここもmus musから歩いて20秒くらいのところにある、HOUSE裏路地側チーム。。
 
来夢来人だけが店名変えて営業中かと思ったら、実は、こちらも店名変えてます。
 
名前は
{465DF2CC-903D-4DF2-8625-45DA90514228}

うん。
 
ダイレクトですね。
 
普段は、洋酒専門(でもないけど)のお店ですが、なぜか月に2回、日本酒のイベントも行ってます。
 
バーかと思って入ってみたら、ハッピ姿のお兄さんたちに囲まれて、ひたすら日本酒飲んだ事あるって人も、いるんじゃないでしょうか。
 
ハッピのお兄さん達は、みんな蔵元さんですからね。
 
作り手の皆さんにお酌して頂いて、酒を飲む。
 
しかも、通常より安く。
 
こんな贅沢なイベント、なかなかないんじゃないでしょうか。
 
是非一度、お越しください。
 
…さて。
 
ばー道の話です。
 
もちろん、こちらも「紀伊半島/奈良・三重・和歌山  世界遺産半島のたのしみ方」のイベントの一環です。
 
「道」にこだわってるんですね。
 
道を歩けば棒に当たる。
 
美味しい物にもぶつかるってことですかね。
 
違います。
 
繋がってるってことです。
 
で、ばー道では、紀伊半島の日本酒をご用意しております。
 
{FAF1E2B2-ED74-47EC-AC3C-69999F731F2F}

 
手前から、三重の「るみ子の酒」、奈良の「生酛のどぶ」、和歌山の「車坂」
 
トロピカルな照明が、なんともマッチしてて、かわいいですね、一升瓶なのに。
 
深夜、ばー道のイチノさんに会いました。
 
イチノさんは、女性バーテンダーで、繊細なタッチの味のお酒を追求されてます。
 
うちの会社の中で、唯一の「良心」と言っても過言ではない、とても上品な女性です。
 
いつも、姿勢を正し、氷に集中しながら振っているシェイク姿は、かっこいいです。
 
「イチノさん、ところで日本酒のテイスティングしたいって思ってますよね」
 
「はい。飲んでみようと思ってたとこです」
 
さすが、勉強熱心なイチノさんです。
 
「イチノさんが感じた味、教えてください」
 
{719B2DAE-B896-46BB-BE90-FEA047143298}

どうですか?
 
「うーーーん。なんか、あまり飲んだことがないタッチのお酒ですね。
 
スッキリ感が、すごいです。」
 
そうかも知れませんね。
 
実は、この時点では、まだ冷蔵庫から出したばかり。
 
いつもは、蔵元さんが持ってくる「純吟」とか「無濾過生」などの、冷やして美味しいお酒を中心にテイスティングしているので、冷蔵庫から出したての、このお酒たちは、そう感じるかもしれませんね。
 
「ちょっと、常温になるまでおいておきましょう」
 
そうなんです。
 
このシリーズは、冷え切ったままでは本領を発揮しません。
 
15分後。
 
「こんなに味がかわるとは!びっくりしました。美味しいですね!」
 
どれどれ。
 
「あ、大丈夫ですか?
 
お酒、
 
弱いから…」
 
イチノさんまで。
 
しかし、テイスティングするのも、命がけの私。
 
お気遣い、ありがとうございます。
 
「もろみの旨みというんでしょうか、麹の甘味や、奥深さが、それぞれ元気に出てきてて、とても美味しいですね。
 
やはり、心の底からつまみが欲しくなります。
 
中でも、「どぶ」には、漬物なんか、ホントに食べたい。」
 
食中酒と言われているジャンルに分類分けされるお酒。
 
一口飲んで、そこを連想するあたり、やはりバーテンダーさんです。
 
そういえば、食べ物を口に入れて、そこにお酒を「のっける」という動作を、知らない人が、すごく多い。
 
とっても、もったいない。
  
塩でもなんでもいいから、口に含んだところにお酒を入れてみて~ってすすめると、びっくりしてくれるお客さんが多いんですね。
 
広がるんです。
 
1+1は、2じゃない、化学反応みたいな異次元の世界へのトリップ。
 
さあ、あなたもご一緒に。
 
 
 
…ばー道でしたね。
 
いけないいけない。
 
とにかく、ばー道。
 
こちらの日本酒、気づけば3本中、2本は女性が作ってます。
 
骨太で、味が崩れない、美味しいお酒。
 
そういえば、こないだイベントの関係でいらっしゃったある県の女性が
 
「紀伊半島の女性は、ホント、もう、よーーーー働くんです!!!」って言ってた。
 
尊敬できる女性がたくさんいるんだとおっしゃってました。
 
ばー道で、女性バーテンダーの作るカクテルやら、女性の杜氏さんが作った日本酒を飲んで、パワーもらっていってください(あ、もちろん男性杜氏の作ったお酒だって、むちゃくちゃうまいです!!!m(_ _)m)
 
 
やっぱり、まだ酔っぱらっているんでしょうね、自分。
 
それでは、今夜も丸の内でお待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ムス太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス