自宅で開催のピティナピアノステップ、無事終了致しました。

今年は、ソロ 連弾 二台ピアノ ピアノ三重奏と多岐に富んだプログラムで、準備が大変でしたが、私自身もワクワクした1日でした。

土曜日から多喜靖美先生にいらしていただき、生徒達のプライベートレッスンをしていただきました。小さい子にも分かりやすく丁寧にレッスンしていただき、その子たちは、次の日のステップでは、アドバイスいただいた事を自分達それぞれで消化した演奏をしてくれました。

19日のステップ当日は、後藤ミカ先生と菊地葉子先生にもお越しいただき、受験者それぞれに素晴らしいコメントをしてくださいました。

多喜靖美先生とは、私がアドバイザーの仕事で新潟に行かせていただきました時お会いし、室内楽やアンサンブルが大好きな私は、先生がなさっておられる室内楽の浸透推進活動に共感感動し、今回、是非先生にお越しいただきたいと無理をお願いしました。室内楽浸透推進活動には、かなりの労力も必要かと思いますが、一人ぼっちの楽器ピアノが、他の楽器と演奏する事で活力が与えられ活き活きと輝きを増してくる、その感動を何とか広められたらと、これからも先生のお力もお借りし、広めていけたらと思っています。

先生方、そしてスタッフとしてお手伝いいただきました我が音楽院の先生方と、生徒さん達のお母様方に心より感謝しております。