空が大理石模様の秋晴れの朝でした。

 

 

悠響庵では今日の音楽会の準備が整いました。

 

前日にご来場者のためのベンチや座布団などを用意して下さった、

 

三角屋さんに感謝です🙏

 

今日という1日が、また特別な1日でありますように。

 

 

午前中はリハーサル。

 

 

緊張の面持ちで自分の出番を待ちます。

 

 

たとえ緊張でわからなくなってしまっても、それが自分を知る手がかりです。

 

さて午後からの開演に向けて、遠いところから多くの方々にお越し頂きました。

 

 

さあ、リハーサルでしっかり緊張出来たら、

 

本番は思いっきり楽しんで演奏するだけです😊

 

 

大人も子どもも一緒になって、真剣に演奏に取り組む様子、

 

またそれを見つめて耳を傾ける人たち、

 

集まった人と人の心が寄り添う感じがして、

 

いい時間だな。

 

 

まだ足の届かない子どもも、

 

 

思いっきり足の届く大人も、

 

一緒に学ぶことが大切なのです。

 

 

休憩中、バッタを両手で捕まえて遊ぶ子ども。

 

今はそのバッタが宝物に見えているはずですが、

 

いつかその両手が宝物であることに気づきますように😌

 

文末にローベルト・シューマンの言葉。

 

「学ぶことに、終わりはありません。」