ボディシンキング&シンキングボディコーチ

ソプラノ歌うたい冨田美穂です。

 

今日は、盛りだくさんな学びの一日でした。 日中は大阪のアレクサンダーテクニークスクール、ボディチャンス康裕さんのレッスン。 ボディチャンスのプロコースのレッスンはひとコマ3時間、週末は午前と午後でひとコマづつ、です。

 

金曜AM 1クラス と 日曜2クラスの参加だったんですが、どちらも康裕さんってこんなレッスンだったっけ?っていう面白さでした。とっても理系脳で、他の先生が言語化しないところを言語化してくれる。もう一歩、を踏み込んで学んだことの定着を図ってくれるのは、かつて高校の先生だったことから、来てるのかな!?
まぁ、別名、濃ゆい、ともいう(笑)。
 
 
個人的には、「頭」の概念のリフレッシュと、
本当にアタマが動いて身体全部がついてきたら内臓位置が戻っていくから、ポコりんお腹が本来の位置に戻っていくでしょ?
というのが、今回の「ほんまでっか」ポイント。
だいぶん改善されてきたか、と思っていた、のに、まだまだ肋骨全体を下げ気味だというのにも、気づかされて衝撃。
 
それと、薄々気づいて、自分で嫌やな、と思ってたんだけど、喋ろうとした途端、からだ全体を引き下げちゃうらしい、という気づき。
どうも、このあたりが、今、大急ぎで改善に向けて努力する必要があるようです。
(たぶんメンタルから来てるっぽいから、根深いんだけど、何とかするべき時期に来たらしい。。。)
 

夜は、引き続き、康裕さんによる、ファシア(日本語では筋膜、とよく訳されますが、その訳し方は大雑把なようです。。。)のレクチャー。
プロコース(教師養成課程)では、ボディマッピング(脳の中の“からだの地図”)を学ぶ過程で、骨格や筋肉の動きを学ぶのですが、それを全てまとめて、「身体」にしているのが、ファシアなのかな、と、理解。ファシアがあるから、身体を全体として使える。
 
ホンマに、ちゃんと、解剖学的な動画やら、写真やら満載な資料で、ちょっとびっくりしました。
 
ファシアの存在を知っているのと知らないのとでは、ずいぶん違いが出てくるだろうな。。。とも思えて、ちょっと頑張って一日3コマ(フリーター時代の言い方すれば、トリプル!!)受けて、良かったな。
 
 
ある意味、ちょっと興奮気味です。

さて、現在、深夜15分前。ちゃんと寝られるでしょうか。それが問題だ。。。。
 
 
 

 

 冨田美穂公式LINEtomita miho HP

 

延期日程決定
2021/6/17(木)
日本歌曲振興波の会
日本歌曲の饗宴-2020-
全席自由¥3500
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール



残念ながら中止になりました
2021/3/14(日)
四日市日本の歌を学ぶ会
日本のうた 歩みと調べ
第4回 中田喜直の世界

¥2000

四日市文化会館 第2ホール


チケットご入用の方は、ぜひ、個人的に連絡くださるか、
演奏会チケット申込フォームからご連絡ください♡