この10年を振り返ってみる 第1回 | 麻田キョウヤのブログ
2017-03-19 18:00:45

この10年を振り返ってみる 第1回

テーマ:読みもの
{E013FA6D-9E3C-4CE2-A300-F7C5007CA305}

昨年末からバタバタしてて、うっかりしてましたが、今年は僕がミュージカルデビューしてから10周年!めでたい!

皆様のおかげで、とりあえずここまで走ってこれました!まことにありがとうございます!

たかが10年。されど10年…。
というわけで、この10年を振り返ってみようという、エッセイ的なものをやってみようと思います。
お付き合いいただけると幸いです。
(全10回。毎日18時更新予定)

********* ********* *********
第1回


メジャーデビューしたバンドが紆余紆余曲曲折の末、2000年に解散したのは挫折以外の何物でもありませんでした。青春の全てを捧げてきた結晶の崩壊。そこから立ち直るのに数年…失業保険を食いつぶし、スーツを着て派遣社員を始め、生活の基盤が整ったころ、ようやくソロ活動を始めました。

幸運なことに、素晴らしすぎるサポートメンバーに出会い、自主制作CDのレコーディング、ライブ活動。それはとても楽しく、幸せな時間だったのです。
しかし同時に“このままでいいのか?”という、自分の内側からの声に気づき始めました。

楽しいのに満足できない。
これなのにこれじゃない。

そんなジレンマで何がなんだかわからなくなってる時、バンドの元マネージャーから、「レ・ミゼラブル2007」アンサンブルオーディションの話を聞きました。
それはまさに「sign(啓示)」だったように思います。

その時まで、ミュージカルとは無縁に過ごしてました。後でわかったことなんですが、レミのオーディションって超難関じゃないですか?(笑)何回もチャレンジしてる人だってたくさんいるわけで…しかし、その時の僕には、暗闇に開けた一本の道。出会うべき、進むべき運命であるという、根拠のない確信を感じたのです。それは比喩でもなんでもなく、本当にそんな感覚でした…人生って不思議です。

今だにミュージシャン仲間に「キョウヤは、ミュージカルに進む時、悩んでたよなー」なんて笑われたりもしますが「むしろこっちじゃないか?」なんて思ってもいました。ドラマなんかでよくある、運命の人に出会った!なんて感覚に似てるかもしれません。

06年、オーディションの直前に、人生で初めてのミュージカルを観ました。日生劇場での「レ・ミゼラブル」です。
S席の下手の端。バルジャンは別所さん。テナルディエはコングさん。ファンティーヌはシルビアさん。グランテールは伊藤さん…

もう圧倒されました。
これまで体感したことのない衝撃を全身に浴びたのです。
僕の中で、U2のドーム公演みたいな感動に打ちのめされました。レッチリやエアロスミスの武道館公演より、こっちでした(笑)
すっかりヤラレつつも、不思議な確信めいたものは、僕の中にいました。

そして数日後から始まった長い長いオーディション。書類審査が通ったら、2次からは実技。通れば3次。通れば4次…果てしなく続く緊張の日々。
オーディション会場にいる人たちは、当時の僕にとって関わり方のわからない人種の人たち。

何だあのやけに訳知り顔で、偉そうなやつは?(菊池まさはるくんでした(笑))

何だこのブルドーザーみたいにスゴイ声で歌うやつは?(藤田光之くんでした(笑))

気が遠くなるような審査の末に、合格の連絡を聞いたのは、派遣先のオフィスの廊下でした。
声を押し殺して、うおおおおおー!って、叫びました。トイレの前で(笑)
根拠のない確信が、少し形を成した瞬間です。



つづく
********* ********* *********

麻田キョウヤさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス