それは、今年3月後半のこと。

その月の中旬に、一応一通りの原稿がが出そろった時点で、校正作業が、監修の大嶋氏指名校正責任者元野トレーナーに託された。

彼女は、(もしかしたら音楽やってる人には珍しい?)とっても高性能なチェック機能の持ち主で、当初、制作チームの他メンバーが、

・文章の表現や文末等の修正

を、主に想定していたのに対して、原稿に目を通した彼女は、山のような校正課題を、早速発見してしまった(らしい。多分(笑))


1.矢印や、吹き出しの不統一感が半端ない!
  (そりゃ駄目だよね…)

2.そもそも、各自がてんでバラバラなフォントを好き勝手に使っていた!
  (まずいよね…)

3.全体として教本を通してみたときに、曲や課題の並びに、無理がある箇所が…何か所も!
  (致命傷っすね!)

4.当たり前のように、誤植の嵐…
  (ごめんなさい…orz)


次々と出てくる校正課題を前に、乳飲み子をかかえた一児の母である彼女は、ついに、大きな決断をし、ご主人に宣言した!




「実家に帰らせていただきます!」





こうして彼女は、一歳児を抱えて、実家で校正のために立てこもりの(昼夜を問わない長時間ミーティングを含む!)1か月を過ごしたのだった…。





……どこのブラック企業だよっ!Σ( ̄□ ̄;)





元野トレーナーの作業を、(ほんの少し、ごく一部だけ)手伝いつつ、見てきた私は、彼女の頑張りが伝わってくる出来上がった教材を見るたびに、感謝と感動を覚える。

本当にもう、よくぞあの、バラッバラ原稿を、ここまで一冊の本としてのまとまりあるものに仕上げてくださったものだ…!!と。

てゆーかご主人様、その節は本当に、本当に、私どもがご迷惑をおかけいたしまして…大嶋先生からも、感謝の意を伝言であずかっておりますので、この場を借りて、書かせていただきます!


あの折は、本当に!
ありがとうございました!



でも、次巻もあるので、よろしくお願いいたします。(←え。)






ということで、続巻も出るよ!

(…多分☆)

 

 

制作秘話 バックナンバーはこちら

 

エピソード0 制作前夜~朝でしたが(笑)~
エピソード1 初回ミーティング
エピソード2 コンセプト決定

エピソード3 二つの伴奏

エピソード4 QRコードと短縮URL

エピソード5 満場一致

エピソード6 両手交互奏

エピソード7 画伯出現!!

エピソード8 2の指一本から

エピソード9 3人の作曲者

エピソード10 ちょっとずつ小さくなる

エピソード11 写真撮影

エピソード12 タイトル決定!

エピソード13 本当に送られてきた!

エピソード14 ペイント戦記

エピソード15 2の指一本から、再び。

 

*********************

 
♪ピアノ脱力法メソッド♪
♪各セミナーの 情報は こちら♪
 

♪「にじのねいろ」のご購入は こちら♪

ピアノ脱力法メソッド公式HP 教材注文ページ

 


読者登録してね

 

虹の丘音楽企画

虹の丘音楽企画 Twitter

↓導入期指導法講座(全6講座)メニュー↓
A 楽々譜読み習得法
B 音感を育てる
C 調性・スケール・コード
D レッスンの組立
E 発達障害とピアノレッスン
F 楽譜ソフト「Finale」「 PrintMusic」基本操作

 

 

お子さんに楽器を習わせているママ必見!?
ピアノ講師のママが本気で挑む!
実録☆凸凹キッズは、スパルタ無しでそれぞれの楽器をどこまで上達できるか?
(別名・親ばか日記)
子ども達のハープとギターとヴァイオリンとピアノと勉強記録
AD