スキルを磨く(自分)

テーマ:

●スキルを磨く(自分)

 
 
戸田公園駅から徒歩5分
ピアノ、ヴァイオリン、マリンバの音楽教室
フーガ音楽教室の五味こずえです。
 
 
こんにちはウインク
 
さて、今年になってから(正確には昨年末)、新しいことに挑戦していますおねがい
 
 
それは、、、
 
 
自分自身がレッスンを受けること。
 

毎日毎日こんなにレッスンしているというのに、
いざ、自分自身がレッスンを受けるということは、久しくありませんでした爆笑
 
 
 
一つは、ヨガ。
こちらは『考えることから解放する』ということが最終目標。
 
無になる

ということなのかな。
 
もちろん体幹を鍛えたりするので、いろんな意味でピアノに良さそうです。
 
 
 
 
それと、もう一つは、
 
 
音を作り出すレッスンルンルン
 
 
クラシックの演奏家、楽譜をいかに忠実に再現するかということが大切ウインク
 
 
でも、逆の発想で、
 
 
自分で音を作ることってできる?
 
 
 
私のようなカチコチ頭には全くできませんえーん
(もちろんできる方もた〜くさんいらっしゃいます)
 
 
できるようになりたいよ〜!!
 
と、思っていたら、なんとポップス界でとても著名なピアニストさまに、レッスンをしていただくことになったのでしたラブ
 
 
 
今回の宿題は、
 
 
①自分の選んだ曲のコード分析
②マラカスを使ってのリズム練習
③童謡に伴奏付け
 
 
 
①は、ラヴェルのピアノコンチェルト2楽章の冒頭部分にしました。
 


 
 
(2楽章は7分頃からです)
 
ほんっと〜うに美しくて大好きな曲です。
冒頭部分は数分間、オーケストラはお休みでピアノソロなのです。
 
 
一見ワルツと思えるこの部分、見てみると、
 
なぜこのメロディにこの和音が!?
と、凡人では考えつかない音が付けられており、うっとりしております。
分析していると楽しいです。
 
 
 
それから②は爆笑爆笑爆笑
 
 
{FC805B0C-FE59-4454-B462-EC6F37F5641E}

 
このマラカスで、ひたすらリズムを刻む爆笑
和音を弾きながら刻む。
 
 
これがまたとっても勉強になります。
 
 
私、ほんっとうにリズム感に自信がなくて。
いつも根性だけで向き合っています。
今回、分かったのは右手と左手でリズムの感じ方が違うということ。
 
 
ここが改善されたらもっとピアノ上手くなるねニヤリ
 
 
スタジオ仕事の多い夫にやらせたら、
めっちゃ正確に刻むんですよね。
美しいくらいに。
 
 
なんなのこの違いはびっくり
 
しかも、
 
「えっ?
これが出来ない人がいるなんて知らなかった
 
 
だそうでチュー
 
 
 
 
 
スキルを磨くために、レッスンを受けられるなんて本当に幸せですキラキラ
 
 
 
 
マラカス、生徒に練習させようかな、、、アセアセアセアセアセアセ
 
 
 
水曜日クラス、開講しました。
マラカスができるかもしれません(嘘です)。
 
 
よろしければ体験レッスンにいらしてくださいねラブラブ
 
 
 
 
ピアノ水曜日クラススタート!
 
木曜日クラスも新規募集中
三好すみれ先生
お問い合わせはこちら
 
個人ブログです