ミュージック・フォー・ジャマイカ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2007年01月10日(水)

ジャマイカでもやった曲がCDに!!!

テーマ:posted by Kako

かなーりご無沙汰しています。

あけまして、おめでとうございます。

早いもので、ジャマイカ公演からもう1年以上たってしまいました。

ミュージック・フォー・ジャマイカの出演者も、その後活躍していますよ。

音楽監督・作曲・編曲・ピアノの松田眞樹もいつのまにか、CDなんて出してます。

ピアノ・フォーク・ソングス

かなりいい感じです。

最近の私のヘビーローテーションCDになっています。

ジャマイカでもやった「さらばジャマイカ」が入っています。

(ちなみに、ベトナム公演でやった「カラス」も入っています。)

他にもいろいろと聴きなれた曲もあります。

なんというか、やっぱりアレンジがいい!!

ぜひ、みなさん、聴いてみてください!

2006年01月28日(土)

ニュース速報:寿

テーマ:posted by Maki
ほんとうに久しぶりの更新です。

今日は、とても嬉しいお知らせが届きました。

なんと・・・

ソプラノ歌手のN氏が結婚するとのこと!

おめでたいじゃありませんか!!

ジャマイカと関係あってもなくても、
これを記事にしないでいられようか、
いやいられない(←漢文でよく出てきた言い回し)。

我がチームの歌姫は、
こうして最高の愛を得て、
ますます歌声に磨きがかかることでしょう♪

心からの祝福を送ります。

おめでとう!!
末永くお幸せに!!
2005年12月07日(水)

こんな感じでした④

テーマ:posted by Kako

maki


花の向こうに見えるは、Maki・・・


ちょっと暗いのでわかりにくいですよね。

ということで・・・






maki2

ボロボロピアノと花にも負けない華やかMaki。

2005年12月05日(月)

こんな感じでした③

テーマ:posted by Kako

violin


2階客席にあるバルコニーからのヴァイオリン演奏です。

2005年12月04日(日)

こんな感じでした②

テーマ:posted by Kako

マダム・バタフライ(プッチーニ)から「ある晴れた日に」。


最初はバルコニーで歌い、


間奏の間に移動し、いきなり客席に登場。

madambutterfly1


そして・・・舞台上に上がり、


madambutterfly2

歌いだす。


イタリア語で、「ピンカートンの帰りを待つのよ~♪」って感じ?


ちなみに、こんなに良い感じの写真があるのは、すべて日本大使館の方々のおかげです。

ありがとうございます。

2005年12月03日(土)

こんな感じでした①

テーマ:posted by Kako

子供の部


みんなノリノリなのがわかるかな?

2005年11月28日(月)

ジャマイカゴレンジャー

テーマ:posted by Maki
ward


Kakoの記事を読んで驚きました。

ジャマイカ公演から早1週間ですか・・・。

月日が経つのは早いもので・・・
なんて月並みな言葉がついつい口から出てきてしまいます。


さて,ジャマイカ公演の日々を共にした5人ですが,
この公演が終われば別々の生活へと戻ります。

もちろん学生の頃の知り合いだったり仕事で一緒だったなど,
それぞれご縁があって集まった仲間だったのですが,
普段はそれぞれ個々に活動しているので,
特にこのメンバーで普段から何か活動をしているということはないのです。

言ってみればジャマイカのためだけに集まった
精鋭部隊なんですよね(ちょっと言い過ぎ?!)。

今頃それぞれがまた精力的に活動していることでしょう。


そういう私は,ただ今レコーディングの合間に
記事を書いているわけなのですが,
まだまだジャマイカから帰ってきたばかりのような気分です。

きっと年内は,
脳内がジャマイカしてるんだろうなあ(^_^;)。

でも成功の記憶が脳内で活動しているのは
いいことかもしれません。


もしこの次にやるときも
どうかうまくいきますように・・・!
2005年11月27日(日)

ジャマイカ話

テーマ:posted by Kako

ジャマイカを離れて早1週間。

でも、ジャマイカでの自慢話は続いています・・・(というか、自慢じゃない自慢話?)


私が一方的にまわりに話して聞かせている、ジャマイカ話とは、


1.飛行機話

・ジャマイカに飛行機が着陸するとみんなが拍手喝采すること。


・たまたますごいパイロットにあたってしまい、低空飛行旋回を派手にする飛行機で酔ってしまったこと。


・ラジカセを片手にもって、飛行機に乗り込む乗客が普通にいること。

(しかも、乗る前にアナウンスで、「ラジカセは1つの荷物とみなします」と注意される。)


・さっきまで普通に歩いていた何人もの人が、ジャマイカの空港についたとたんに、車椅子に乗り出す。

そして、その人たちは身体障害者用の入国審査室で入国審査を受け、早く手続きを進めていること。


2.ナンパな男性話

・ジャマイカ男性が女性にナンパな言葉をかけるのは、挨拶程度のことらしい。

Nakanishiさんは、守衛さんに


「僕は、君の背中にアイスクリームを乗せて食べたいよ、」


といわれたらしい。


3.ブルーマウンテンコーヒー話

・ジャマイカでとれるブルーマウンテンコーヒーの8割が日本に輸出されているらしい。

ジャマイカ人はあまりコーヒーは飲まないし、飲んだとしても練乳どっぷりの甘ったるいコーヒーだった・・・


などなど。

ジャマイカ(勝手な自慢)話は、当分続きそうです。

2005年11月25日(金)

チームワーク強化!

テーマ:posted by Kako

ジャマイカコンサートツアーは、出国から帰国まで10日間。

この期間は、出演者4人+なんでも屋兼MCの私1人の5人がべったり一緒に行動してました。


最初の経由地、ニューヨークでは、まだ要領を得ない私達。

寒空の中で5人、震えながら1時間以上バスを待っていたことを以前書いたと思います。


しかーし!

10日も一緒にいれば、連帯感が生まれ、5人の力が合わさって、すごいこと(?)ができるようになりました。


例えば・・・帰りの経由地ニューヨークでのバス待ち作戦。


私達のバスがどこに来るかわからない。

ロータリーの適当なところ(空いているところ)に停車するから、そのときの運転手の判断で停車位置がちがうのです。

しかも、その停車位置とは違うところに私達がたっていたら、バスに近い人たちが先にバスに乗ってしまい、満席になれば、またそれから次のバスを待たなければいけない、ということを最初の経験で学んでいました。


ということで、私達がとった作戦、それは・・・


一つ、 スーツケースなどの荷物は1箇所にまとめておくのではなく、二分割し、ロータリーの両端に分けておくべし。(こうしておくことで、どちらかに近い方にバスが停車されるため、よりバスに乗りやすい。)


二つ、 スーツケースはカートにあらかじめ乗せておき、バスがきたらすぐに、バスの停車位置まで迅速にカートで追いかけていくべし。


三つ、 バスが来たとたんに、席陣取り係がバスの中に乗り込み、5人分の席を陣取るべし。(その他のメンバーが、てきぱきと荷物をバスの中に入れ込む。)


この作戦が功を奏しました。

特に成功の要因は、三つ目の席陣取り係の人選を間違えなかったこと。

席陣取り係は、Maki。


バスが来たとたんに、


「バスが来た!」


という(たぶん私の)叫び声とともに、Makiは一目散に荷物も置き去りのまま、バスめがけて走りこみ、その小さな体で5人分の席を確保。


そのすばしっこさといったら、席陣取り係暦10年ぐらいありそうな勢い。


おかげで、私達は最初の経験とは違い、比較的すぐにニューヨークのホテルにたどり着くことができたというわけです。


その次の日、ニューヨークの空港へホテルから出るときも、バスが満席になって乗れなくなる可能性を危惧していたところ、誰か(たぶん、ヴァイオリンT氏)より、


「他の客がバスに乗りこむためにホテルを出るのを入り口で邪魔する係をつくろうか」


というアイデアもでたりしたほど(汗)。

実際は、そのアイデアは実行にうつす必要なないように、15分前行動をして、早めに荷物だけバスに詰め込んで、ちゃんと予定通りに空港にたどりつけたんですが・・・


ニューヨークのJFK空港近辺のホテルに泊る機会のある方、ぜひこの作戦を試してみてください。

2005年11月23日(水)

ちょっと一息

テーマ:posted by Kako

超ハードスケジュールのジャマイカ公演だったわけですが、そんな中でも、大使館のみなさんがすごく私たちに気を使ってくださり、いろいろと合間をぬって、キングストンのいい感じのところに連れて行ってくれました。


とっても治安の悪いキングストンなわけですが、場所によっては、「ここがジャマイカなのか???」とジャマイカにいることを忘れさせてくれるような場所があるようです。

そのうちの一つ、「ストロベリー・ヒル」というところに連れて行っていただきました。


まず、山の方から。

そこが、どんな感じかというと・・・

ichigo hill


リッチなリゾートって感じ。

そして、そこでランチを・・・

lunch

ヤギ肉のカレーにバナナ付。

バナナは芋みたいな食感。


次に、海。

island

イェーイ!あそこに見えるは、無人島!


ということで、山も海も短い時間でしたが、満喫した私たちでした。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。