横浜関内 音楽発達心理士®︎養成セミナー✖️湘南辻堂 聴いてくれる人の心が優しくなるピアノレッスン

働くママとパパを応援する

一般社団法人 音楽発達サポート協会
子ども音楽発達サポートネットワーク
CMS子どもと大人のための音楽室

湘南辻堂 藤沢 鎌倉を中心に活動しています。


テーマ:

ピアノを習っている子どもたちに伝えたいこと。

 

子育てママにも伝えたいこと。

 

そして保育者、教育者の先生に知っていてほしいことを

お伝えしています。

 

 

子どもたちが悲しみや不安を感じた時に起こす行動として

自分の情動に対処するために

激しく泣くことがあります。

 

 今日は保育者のための心理学テキスト

から一つお伝えします。

 

3歳ころから就学前の子どもたちによくみられる行動で、

「自分の思い通りにならないことがあると、

泣くようになる」

 

そして4歳ころからは

今度はお友達とのある関係性のなかで、

泣くようになる。

 

また5歳ころからは、少し変化が見られるようになり、

泣いている自分を意識して

また激しく泣くようになる。

 

保育者のためのピアノレッスンでは、

子どもの発達についてレクチャーして

子どものどんな部分を

音楽で変化させたいか

それに対してどの曲をどのように使うのか、

考えていきます。

 

たとえば自分のクラスの子どもが

よく泣くことが気になっていたら

その子がなぜ泣くのだろう!?

と考えてみましょう。

 

子どもたちの多くは

完璧にできない自分に対して・・・」

ということが考えられます。

 

そのとき保育者として

心理的アプローチをどのようにするのか。

 

音楽を使ってその子に寄り添う方法を

毎回のレッスンのなかでアドバイスしています。

 

音楽を使って

心理的アプローチができる先生を目指すことは、

自分の保育に余裕が持てることにつながります。

 

春のお試し体験レッスンは

80分間 3500円です。

 

スカイプでのレッスンも可能です。

 

詳細はCMS子どもと大人のための音楽室

をご覧ください。

 

レッスンの詳細は、お気軽にお問い合わせください。

 

電話 0466-35-8826

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

音楽発達心理士 Ⓡ せきのまりこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります