英語と音楽の結びつき

テーマ:

 

 

 

こんにちは。

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

広島市

ミュージック・インストラクター

相原尚美(あいばら なおみ)です。

「演奏できる身体づくり」を目的とし、
身体のバランスを整え、
正しい身体の使い方を習得するために、
「ボディワーク」を取り入れたレッスンを行っています♪

 

 

 

 

 

「英語が話せるようになりたい!」

 

 

私が学び始めて、

 

 

5年以上が過ぎました。

 

 

 

苦労した点はたくさんあります。

 

 

・単語が覚えられない

・文法が難しい

・発音の仕方

 

などなど

 

 

中でも

 

 

・英語と日本語のリズムの違い

 

 

ここに気がつくまで、

 

 

時間がかかりました。

 

 

 

 

日本語は高低のアクセントで話す言語

英語は強弱のアクセントで話す言語

 

 

 

頭では何となく理解したつもりでしたが、

 

 

英語で話すときには、

 

 

強弱に気をつける発音を心がけました。

 

 

 

そうすると、

 

 

自分自身の音楽演奏にも変化が感じられました。

 

 

 

フレーズを歌う際に

 

 

強拍と弱拍の心がけが

 

 

明確になったのです。

 

 

 

クラシック音楽は西洋で生まれたものです。

 

 

だから、西洋の言語の一つである英語と結びついているのは

 

 

当然のこととなります。

 

 

 

日本語のリズムで

 

 

西洋音楽を表現することの難しさがあったことを、

 

 

自分が英語を学ぶことで

 

 

発見ができました。

 

 

 

英語を学び、

 

 

自分の音楽演奏や音楽指導にも役立てています。

 

 

 

英語ももっと上達したいので、

 

 

これからも学び続けていきます。

 

 

 

 

本日も素晴らしい日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪♪♪  ストレッチポールやバランスボールなどを使って  ♪♪♪

       演奏できる身体づくりを目指してみませんか 

 

 

 

 

 

 

 

TEL   : 090-8603-2117

E-mail : consolohiroshima@gmail.com

 


 

 

 

レッスン料金・内容 など