小野貴子の音楽日和

小野貴子の音楽日和

ドイツを中心に活動するプロピアニスト・作曲家の小野貴子が日本とドイツの生活を綴ります。

新年、明けましておめでとうございます。

私のほうは、ドイツで11月の末にモーツァルトの

ピアノ協奏曲22番をオーケストラと共演し、

カデンツァも自分が書いたものを演奏しました。

会場の大きな教会は寒くて曲の出だしは辛かったですが

私もオケもなかなか良い演奏ができて、聴衆の反応も

とても暖かく、素晴らしい演奏会になりました。

 

しかし、コンサートの3日前に自宅の床下にある暖房用の水道管の

亀裂が起きて10日間暖房なし、そして亀裂がバスルームの床下

だったので14日間トイレが使えなくて、お隣さんの所に

いちいち借りに行く生活を強いられて、きつかった。

亀裂部を探すのにゴーストバスターズみたいな機械を持った男の人らが来て

その探知機がバスルームで一斉にサイレンを爆音でかき鳴らした!

あのうなりは一生忘れられない音だったな。

 

そして改修工事のためにどこかに一時引っ越しすることになって

これから大変です。2020年の始まりは力仕事が待っている。。。

でも工事はすべて建物保険が払ってくれるそうです。良かったー。

 

随分久しぶりのブログを書いています。

昨年はドイツだけでなくベルギーやラトビアなどヨーロッパの

お仕事が広がってきました。それに応じてやはり英語・ドイツ語・

日本語でも発信して読んでもらえる可能性があるSNSを

はじめたほうが良いのかなあ、と考えながら時が進んでしまいました。

今年はTwitterを始めて1つで何とかならないかな(笑)と。

 

Twitter を始めたらまたこちらにも紹介しようかな。

今年もよろしくお願いいたします。