官僚、大学病院医学部、相撲、レスリング、アメフットと続いて今度は、ボクシング界の不祥事か…。

公私混同というが、日本に、欧米で定義する意味での公はない。

それはいまだに「真摯な説明責任を果たしていない」首相夫妻に目をくれれば瞭然です。

このあたりが、アジアの後進性であり、混沌とした不明瞭さからいつまでも脱却できない。

無理が通れば道理が引っ込む各ジャンルの権力者をメディアは、言語センスなくひとしなみにドンと呼ぶ。

右傾する前は、天皇と呼んでいた。

完全主義者だった映画監督の黒澤明が、その筆頭だったろう。

よく、何も変わらないと言い、また言われもするが、根源から変えたいのなら、米国から自立し、天皇制を廃止する以外にないので、このことに気づいているこくみんは結構いるはずだが、カウンターが怖いから見て見ぬフリをしているだけだ。

わたしもそのひとりだけれども。


にしてもドン・山根の嗜好品は大いに笑わせてくれますねー。

甘露飴、森永ミルクキャラメル、イカ燻その他、まずは昭和の駄菓子屋名物だ。

山根さんて、リアル・ジャイアンなのね。

旗色悪くなると入院するのはロッキード事件のフィクサー児玉誉士夫からである。

ホント、変わらねーなぁ…😎