おはようございます♪

自由人・カウンセラーのまゆです。



今日は長崎の「原爆の日」ですね。

長崎出身なので、原爆、戦争について毎年毎年
当時の写真や映画をこの時期見せられるのが
恐怖で恐怖で仕方なかった。


先月ある方から、「長崎-小倉に縁がある人はチャレンジャーの魂」
言われました。

すぐ腑に落ちた。


なぜだか分からないけど、この仕事始めた当初から、

「長崎は外せない」この意識が強く、

出張費で赤字なのに、突き動かされる何かがあるのです。
(インスピ出してるのはどの存在さんでしょうね?)


まだ子育て中なので赤にならないように集まってもらえると
助かるのも本音だけど(笑)



長崎、小倉だけでなく、広島、沖縄、他戦争を

体験された「過去」に「魂」に学ばなければいけない。



私が「前世が分かる」というアイテム(才能)

持ってきたのもここに繋がる。そう感じてる。



長崎という地を選んで転生してきたのもきっと偶然ではない。

「争い」がもたらすものの結果にいい加減きづいてもいい時代に
なってきたのでは?




・・・・


ここまでの内容も頭に浮かぶがまま書いてたけど、
そういうことだったのかと気づきで涙がでる。



だから広島原爆の日の次の日に

おとといの強烈な体験
が起こり、
前世が教えてくれたこと


長崎原爆の今日を控えた昨日、

この世ゲームの全貌
がみえたのか。



存在さん。すごすぎます・・えーん



でも私はそこまでの者でもないんで
できることだけやっていきますよ..。



話は戻り、”争い”は戦争だけの話ではないですよ?
(平和運動?など何かの団体に所属するつもりもありません)


普段の生活の中で繰り広げられる

「人間関係」の争い。


私も”人間”だから、すぐ”争い”に
巻き込まれたり巻き込んだり突入したりします。



だからこそ「過去」に学び「原因」を知り、

「失敗」だった世界ではない「新たな世界」を

選びなおしその世界を経験している。




何百年、何千年と気が遠くなる年月をかけて、

「クリア」するまで魂の旅を続けているのです。




壮大すぎる!この世ゲーム!!

そりゃ宇宙からみたら一瞬だろうけどさチーン




一人では到底解けない。マジむりっす☆

人間の頭では、視点では常識では抜け出せない世界。

クルクルくるくる、同じステージを回り続ける魂も
多いのも納得できる。



でもそこを抜けたい!と真剣に望めば、心の底から求めれば、
存在たちは手を貸してくれます。

この世でのアイテムと出会わせてくれます。


私もこの世での導きの彼女と出会わなければ、
存在たちのインスピがなければ


また今世もこのステージで、
くるくる何度も回り続けてたことでしょう。


もうええわ~。このステージはもう十分。お腹いっぱい。
先に進みます。




ゲームの攻略本を手に入れられたのは
あきらめなかったから。


最終的にはやはり「自分はどうしたいか」

それだけですよ。


最終ステージへ進むのを拒否してもいい。

今世、来世、来来世?気が済むまで
今のステージを経験するのもいい。



全ては自由意志。どうしたいのかは自分の選択のみ。



長崎をはじめ、これまでの過去の学びをみせてくれた
全ての魂に祈りを捧げます。




・・・・・・・・・



ええと、ここまで聞いたらこの世ゲーム何やってるか
聞きたいですよね?(笑)



マリオゲームに例えると伝わりやすいようなので
そちらで説明します。


あっ、今の世界観は知らんので、昔のゲームで(笑)



マリオの最終目的は「ピーチ姫を助ける」ですね。


私たちも最終目標を掲げて転生してきます。


自分で設定してきてるのだから、本来ならクリアできる
であろう目標だけど、


あんまりにも各ステージのトラップがよくできてて
中々たどり着かないんですゎ☆


んで、最終ステージまでたどり着けなくて、
to be continue となるわけです。



ただし転生の時は、最初の画面からやり直しではなく、
人生を終えたステージからスタートします。


なので、前世でクリアできなかったとしても、
少しでもステージ進んでたらグッジョブ!なのです。



ゲームを進めていく中で、色んなアイテムを手に入れたり、
戦ったり、逃げたり、
命(時)をかけて前へ前へと進むわけですよ。




あ~、がんばってるなぁ。マリオえーん


スピ界でいくら”この世は仮想現実”やら”この世は幻想”と
いっても、


マリオの世界は失敗(死んでも)しても、

「次!」とやり直せても、


”現実”は飛び降りれば”死ぬ”わけですよ。


スピを”現実”(自分自身)から逃げる道具に
してはいけない。




天(霊性)と地(現実)の視点が大切!なのです。



ふわふわのお花畑だけのスピでは、その場でお花つんで

素敵な場所(ステージ)だね~と、
幻想のステージで足止めくらいます。




長い長い道のり、厳しいステージばかりでは
心身ともに疲れるから、そんなステージも必要です。


というか、ここまで自分と真剣に向き合ってきたから
途中のご褒美、オアシス的ステージで用意されてると
思います。


しかしこのステージの幻想からトラップから抜けないと、

最終ステージへは近づけません。





完全現実主義!でスピ(霊性)を認めないと、

”この世アイテム”を手に入れることが難しく、

アイテムなしで、自力で進まなきゃいけない。



超難易度高くないっすか??


”きのこやスター”がないとあっという間にやられるか、
慎重にしんちょうに進めないといけないから、

なっかなか進めない。



スピは「この世の攻略本」だと思ったらいい。



天(霊性)と地(現実)のバランスが大事!なのです。



各ステージには、各テーマを設定しています。


一つづつそのテーマを攻略しながら次ステージに
進んでいってるわけですが、


実はバラバラのテーマのように思ってたのが、

「ある一つのテーマ」に繋がってるのです。



そのテーマに基づき、考えられるであろう「各テーマ」を創りだし、



しかもそれは単体では経験できず、
凸凹で一対になるよう”相手”と出会います。



親、兄弟、姉妹、カップル、夫婦、友人、知人・・
ソウルメイトですね。



一見真反対のテーマにみえて、
実は同じテーマなのです。



ややこし!!恐るべしトラップ!!


しかもその「テーマ」も、

もっと奥の気づきたくない、隠したい、見つかりたくない

本物のテーマ」にたどり着かせないように

自ら(?)しかけたトラップ。



そんなん、解るかっつの!!



単純。実に単純ゲロー


しかーーし。この答えをカンニング(教えてもらった)したとしても

自分と向き合うのを避けてきた人には、

これからも”逃げ”るための口実にしてしまう可能性大。



そして単純とはいえ、やはりそれで片づけられないこのテーマ。


”これ”のせいでどれだけどんだけ苦しい想いを
抱えて生きてきたのか。


その現実を創りだしてきたのか。


・・・・・


今、私がみえているのはここまで。


この本物のテーマ」の下、深い所に、

本物の中の本物のテーマがあるのかもしれない。

いや、あると思ってます。


それも、自分のステージが上がればみえてくるもの。


ここまでは、存在たちに急がされてせかされて真顔
導いてもらったけど、



この先必要ならばまたヒントがくるだろうし、委ねますよ。ハイ。



最終ステージをクリアした先にみえるものは、
その時にみればいいや。


ちゅうか、"その先"の方の答えが先にやってきてるという矛盾。ハイ?真顔


"その先"が待ってるから、はよ終われやみたいな?


やっぱりスパルタ?みたいな?


笑えねー真顔



「山のふもとから頂上は見えなくても、

頂上からはのぼってきた道がみえる」



・・・・・・・・・・・・・



とりあえずは、このゲーム、テーマの気づきにより、

母を解放してあげようと思います。


”あげよう”ということはまだ「未完の仕事」が
私の中には残っているけど、


それは追々終わらせていけばいい。
”自分のテーマ”によってできたものだから。




ただあまりにも強烈な”このテーマ”(本物のテーマに繋がるこのステージのテーマ)
を抱えて転生を繰り返しているから、


同じテーマを手を変え品を変え(役を変え、時代を変え)
繰り返しているから、


私から終わらせてあげる。

ていうか、私は今世でクリアしたお願い



その上でなお、「本物のテーマ」を感じるための
道具に私を使おうもんなら、


これまで通り噛みつくよ。
ガーっ‼️ムキー


解放=赦し


なんだろうけど、


お母さんの課題(テーマ)までもう背負わない。

それは自分でクリアしてね。


今世でも前世の失敗を「選びなおせる」チャンスを
設定してきたのに、



また同じ道を選んでしまったね。

残念だけどしょうがない。それはお母さんの課題。


今世でも向き合う準備はできてないようだから、
説明しても理解不能だろうからそっとしておくよ。




同じ課題を何世紀にも渡り経験してきた同士として
来世はクリアできるようエールを贈ります。




そして、それはパートナーにしても同じ。

私を「本物のテーマ」を感じるための
に使おうとする人には噛みつく


というより、そういう人を私はもう選ばない。


私の幸せのために。お互いの幸せのために。

夫、パートナーとも何百年、何千年と時を重ね、同じテーマでやってきた。


今世でも別の道を選ぶチャンスを用意してきてたのに、残念☆

母同様、エールを贈ります。


みえたものは大きかった。
私は今世で終わりにします。

そうなるようチャレンジするにひひ


これまでの私は”人”の課題まで背負ってきた。


敏感なだけに、境界線が薄いがゆえに、

人のものと自分のものの区別をつけるのが
難しかった。



その境界線を分ける練習をしてきた。

まだ「本物のテーマ」をもっているから、
惑うこともあるだろうけど、きっぱりと宣言する。



「私は私のテーマ(課題)だけに取り組む。

人のモノは背負わない」




冷たいと感じる人も出てくるでしょう。


でも人のを背負うのは「偽物のやさしさ」

ということに気づいて欲しい。



優しいふりをした偽善者かもしれないよ?


偽善者の自分に気づきたくなくて、

偽善者の人をみると、



「あなたは偽善者だ!」と

責めたくなるのかもよ?


あなたが気になる(囚われる)人は全てあなたの中にあるもの。

怖いね~、嫌やね~心理学ニヤニヤ


「本物のテーマ」に表面ではなく、根底から気づくトキがきたらいいね。


「本物の感謝」なんか、死ぬときにできたらいい。


”その時”にさえできなくったって、

別の来世を終える時にできたらいい。




出来る時まで、何度も転生したらいい。


ただ、転生もそう簡単にはできるものではないようだから、

”今”生きているこの世で、できるだけ進めたらいいね。


・・・・・・・・・・・・・・

私のこの二日間での気づきの詳細

ブログでは話せないので、

興味がある方は「秘密のお茶会」で

ご質問下さい。


テーマの詳細を交えてお話しします。
じゃないと理解しづらいですよね。ハハ


その時その時の気づきが押し寄せてくるから、予定通りの進行はできない気がしてきた…。

メンバーさん、お任せでお許しを。

なにとぞなにとぞ〜笑い泣き



秘密のお茶会は【講座】となります。
第1回目を受講されて今後続けられるのかお決めください。


第2回目を受講されるには、自然食工房めぐみさんの課外授業か
個別に第1回目を予約されて下さい。

なお、受講を続けられる方は、受講できなかった回は
個別で受講されて下さい。

小倉以外は出張費の絡みがでてきますので、
別途相談させていただきます。



見切り発車的に始めましたので、「聞いてないよ~」という事も
出てくるかと思います。ご迷惑おかけしますm(_ _)m

回を重ねるごとに徐々に整えて参ります。宜しくお願いします。



以下の方はお断りさせていただきます。


・頑固な方
(この世の常識だけでは理解不能な世界観。ゆる~やかに受け入れ可能な方)



・疑りぶかい方
(ご自身の世界観と照らし合わせながら、検証・検討などは問題ありません。
ただこちらの世界が間違っていると、負かせようと攻撃性がある方はご遠慮願います。

説得しようとかいう気もありませんし、お互いその時間がもったいないので、
どうぞご自身が納得される場所へ行かれるのをおススメします)



・自分と向き合いたくない方
(相手のせいばかりにされる方。最初の頃はみえないものなので心配はありません。
ただし理解が進んでくると、凸凹の関係性なのだなぁと受け入れが可能な方)


br>