クライミング大会 | ロフトで綴る山と山スキー

クライミング大会

                国体県予選を兼ね

 

 

        久々のブログネタだが今日の主役はあくまで若い選手たち

 

 

 

     8:20 受付風景

 

 

 

     会場は小谷村に常設された”ちゃんめるWall”

 

 

 

     施設管理運営は此の団体

 

 

 

     開会式で挨拶する森山競技部長、後は松田国体委員長

 

 

 

     全国規模の大会も開ける程の実力ルートセッター達

 

 

 

     午前中はリード競技、ルートを見て覚えるオブザベーション

 

 

 

     右がMⅠ、左がMⅡと同時並行で進行

 

 

 

     MⅡの最高到達者、完登者は出なかった

 

 

 

    MⅠの最高到達者、やはり完登者は出なかった

 

 

 

     午後はボルダリング、各クラス4課題

 

 

 

     二本のテープが貼られたホールドに両手でグリップすれば完登

 

 

 

     昔に比べると張りぼて突起が増えた

 

 

 

     完登すれば審判員がOKとコール

 

 

 

     MⅡの1~3位入賞者

 

 

 

     M1の1~3位入賞者

 

 

 

     MⅢ表彰式

 

 

 

     MⅡ表彰式

 

 

 

     MⅠ表彰式

 

 

 

     賞状を手に記念撮影

 

 

 

     国体の長野県代表選手、男子は予選無しで本国体へ少年男女と成年女子は北信越大会へ

 

 

          主な選手の動きを 動画

     

 

         国体の山岳競技もスポーツクライミング一本となり山登りとは趣が変わった、これも時代の流れか?