山ノ神ルート下山 | ロフトで綴る山と山スキー
新型コロナウイルスに関する情報について

山ノ神ルート下山

          天狗原へ登り返し山ノ神から白乗スキー場




   好天予報はむなしく裏切られ、どんよりした曇り空と生暖かい風が吹く蓮華温泉の朝。


   計画では昨日滑った尾根を登り返し、船越ノ頭から金山沢を滑る予定だったが・・・


   すんなり木地屋へ降るのでは芸が無いし、取り敢えず登りの楽な振り子沢を天狗原へ


   登り返し、降りのコースは状況を見たうえで決める事にして出発!


  


        撮影機材: Canon PowerShot SX130IS





  (AT 6:53) 雪倉方面を狙うパーティーが多いのか、我々は遅発ちの部類 (^_^;)
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0653





  乗鞍沢に架かる橋を渡り・・
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0702





  木地屋へのルートを見送って
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0708





  (AT 7:26) 沢筋に入る
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0726





  開けた尾根に登り上げ、振り返ると五輪山・長栂山・黒岩山と栂海新道の山並
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0737





  クラシックな山スキールートだけに標識も完備
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0743




  (AT 7:56) 先行パーティーに追いつく
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0756





  高度を稼ぐと左手にフスブリ山、奥には風吹岳・横前倉山
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0909





  (AT 9:11) とうとう雨が落ち出し風も強まる中、天狗原下段の台地到着
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0911



    この段階で、自然園へ滑り込み2300m台地へ登り返しての金山沢、という選択肢は外す




  (AT 9:35) 天狗原ヘリポート下に登り上げると救助の為かヘリが飛来
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0935





  (AT 9:45) ゴンドラ下山では勿体無いので、親沢~若栗の頭か、登り返しの無い山ノ神?
ロフトで綴る山と山スキー-0430_0945





  見通しも利くので最終的にこのルートを選択、果たして何処まで滑って降れるだろうか・・・
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1003





  前半は多少のアップダウンがあるものの、風は格段に弱まり精神的には楽になる選択だったロフトで綴る山と山スキー-0430_1013





  若栗ノ頭方向に下り始めると快適ザラメ滑降が始まる (・∀・)
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1044





  (AT 10:46) 滑り出して一時間、ツリーランに入る前に一休み♪
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1046




                 では、快適ツリーランの様子をば。。。

            


                    Youtubeで見る → クリック!



                    むらさんが撮ってくれた → YouTobe






  途中、稗田の大崩落を左に見る
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1117





  黒川沢も問題なく滑走でき、堰堤直前で割れ出す
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1134





  (AT 11:39) 堰堤到着
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1139





  (AT 11:54) スキー場もほぼボトム近くまで雪が残り、ラッキー v(^-^)v
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1154




               黒川沢からスキー場までの動画を・・・

            


                    Youtubeで見る → クリック!




    栂池まで歩いて帰るので板をザックに付けようとしたら、雷が鳴り雨が落ちてきた (ノ゚ο゚)ノ



  (AT 12:10) 締め括りは雨中の帰還となってしまったが、何故か笑顔・・・
ロフトで綴る山と山スキー-0430_1210



  直前の降雪と雪崩に始まり、突入してからの気象状況もイマイチで二転三転のGW山スキー


  蓮華温泉・山ノ神尾根と期せずして二つのクラシックルートを周回、何はともあれ全員無事帰還


  お付き合い頂いた みやさん 、おくやさん、むらさん ありがとうございました~


  これに懲りず、まだまだ続く山スキーシーズン!板納めまでは よ ろ し く (b^-゜)