白馬大雪渓(2009.05.24) | ロフトで綴る山と山スキー
2009-06-04 12:07:49

白馬大雪渓(2009.05.24)

テーマ:山スキー

例年だとGWを挟んで山スキーに明け暮れる筈だが

今年はヒマラヤトレッキングのため、それも出来ず。。

5000mの高所体験が心肺機能向上にどの程度寄与し

ているか?確認する意味も含め白馬大雪渓へ出撃。


ロフトで綴る山と山スキー-行く気満々
         【雨でも行く気満々】

雨の降り続く猿倉駐車場だったが、岐阜メンバーや同行

のペンションオーナーファミリーは到着すると徐に準備。

筆者はてっきり中止宣言が出るもの、とテンション下げて

いたのだが。。


ロフトで綴る山と山スキー-林道歩き
          【林道歩きから】

大雪渓へのアプローチ林道に雪は無く、道路下には

コゴミがチラホラ。

帰りに採りましょ~って事で先を急ぐ。


ロフトで綴る山と山スキー-雪渓下部
           【雪渓は綺麗】

白馬尻からシール歩行可能となり、空模様のせいか

先行者の姿は二人のみ。

雪は少ないようだが、落石は殆ど無く綺麗なものだ。


ロフトで綴る山と山スキー-見上げる急登
         【急斜面を見上げる】

高所体験の効果か此処まで快調なペースで進む。

後続の仲間と距離も離れてしまうが、そのまま中間

地点までシール登高を続けることに。


ロフトで綴る山と山スキー-見下ろす急登
         【休憩し下を覗く】

残り200mほどの地点で一服、下部を覗くとメンバー

はアイゼン登高に切り替えたようだ。

あの辺りだけ落石が目立つので滑降時は左に逃げ

るのが得策か。。


ロフトで綴る山と山スキー-葱平へ
           【大岩へ到着】

急斜面を登り切った大岩で腹ごしらえ、暫くすると仲間

も到着し全員シール登高に戻る。


ロフトで綴る山と山スキー-焼け跡
          【無残な火災痕】

小雪渓をトラバース気味に進むと右手山腹、一週間

前ニュースで流れた火災現場。

ハイマツや下草が変色し、明らかにそれと判る。

自然保護の為、山を楽しむ者全員が注意しなくては。


ロフトで綴る山と山スキー-村営宿舎
         【村営頂上宿舎】

ガスが切れ前方に小屋が見えた。

昨日行われた開山祭に合わせ、営業を始めた筈。


ロフトで綴る山と山スキー-白馬山荘
          【白馬山荘】

こちらはGW期間中のみ営業し、夏山の始まる前

まで休業中。

雪は山荘手前で切れ、丁度ガスが流れ山頂が姿を

見せる。

ピークハントが目的でないから本日は此処まで。


ロフトで綴る山と山スキー-万歳
          【全員そろって・・】

さあ、腹ごしらえをしたら滑りましょう!

生憎この直後から霙が当たり出し、カメラを出せず動

画を撮らず。

同行の岐阜チームへリンクさせて頂く事に。



           【動画:Fさん撮影動画へリンク


滑降終盤からカメラを出し、漸く皆さんを撮った。

           【動画:メンバー最後の滑り】


ロフトで綴る山と山スキー-霧の中へ
         【霧の林道歩き】

往路見つけたコゴミを採りながら、心地よい疲労感と

充実感で猿倉へと降る。


ロフトで綴る山と山スキー-猿倉帰着
          【猿倉帰着】

皆さんのパワーが雨雲を追いやりました、お疲れ様。


ロフトで綴る山と山スキー-山菜三昧
           【山菜三昧】

仕上げはTOKIOさん定宿のペンションにお邪魔して

ヒマラヤ話を披露しつつ採れたて山菜を頂く。


 岐阜のメンバー、ランドポイントの皆さん

 またヨロシク~


         画像レポは → こちら



こばさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ