2011-02-13 23:55:05

五地蔵沢偵察

テーマ:山スキー

           急峻な地形だけにアプローチに悩む




     新潟の名人からリクエストで3月に案内する事になった五地蔵沢、前回は


     佐渡山西のP1678峰とのコルからアプローチしたが流石に遠かった。


     五地蔵沢そのものは上部急峻だが、下部は狭いながらも左右からの雪崩


     にさえ気を付けすればアプローに使えるのでは?と今回の偵察となった。


     メンバーはムラちゃん、ムラちゃん所属山岳会員で顔馴染みのヒロシさん。




             撮影機材:カメラ Canon PowerShot SX130IS





  (AT 7:43) 戸隠牧場入口除雪された駐車場からスタート、大橋の駐車難とは大違いの余裕
ロフトで綴る山と山スキー-0213_0743





  ノートラックの牧場を行く・・・
ロフトで綴る山と山スキー-0213_0750





  (AT 8:44) 五地蔵沢入り口、大洞沢渡渉点が見つからず牧場を山際まで行き過ぎ少々時間ロス (;^_^A
ロフトで綴る山と山スキー-0213_0844





  下部のミズナラ樹林帯を抜けると徐々に沢床は灌木に変わる
ロフトで綴る山と山スキー-0213_0917





  (AT 9:35) この辺りで脛ラッセル、目印の大木で小休止
ロフトで綴る山と山スキー-0213_0935





  (AT 10:06) 漸く前方が開け、雪も止んで青空が覗いてきた♪
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1005





  振り返ればV字形沢の下方に戸隠牧場が広がる
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1006





  (AT 10:17) 前方は無木立のオープンバーン、リスク回避で左手樹林帯に取り付くが一気に膝ラッセル
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1017





  右手は登って来た五地蔵沢中間部の美味しそうな斜面が展開 p(^-^)q
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1025




  (AT 11:15) 山頂稜線へ至る支尾根に上がる、ヒロシさんのシール不調がありメドも立ったのでハイク終了
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1115





  支尾根の反対側は急峻な崩落地形、スラフの流れた跡が見える
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1116





  右手が斜度30度くらいの五地蔵沢中間部、南面だけに陽が当たれば直ぐに重くなりそう f^_^;
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1117




   腹ごしらえ後ピットチェック、フワフワ新雪20cmの下の結合状態は良好、偵察とは言え滑りも楽しみたい♪
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1125



  飛び出し斜面を滑ってきたヒロシさん
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1202





  沢床を滑るムラちゃんだが、相当お疲れモード
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1210


         では滑りの動画



                    Youtubeで見る → クリック!




  (AT 12:29) 下部の樹林帯まで一気に滑り込んで一服 ヾ( ´ー`)
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1229




  沢を抜けると飛び込んで来た雪景色の戸隠牧場 \(^_^)/
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1235





  山頂には届かなかったが「またおいで~」と優しく見送ってくれる五地蔵山 (*^o^*)/~
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1244



  (AT 13:04) 朝の出発時には雪の舞っていた戸隠牧場、青空が広がり春近しを感じさせる♪
ロフトで綴る山と山スキー-0213_1304




       駐車場に戻って解散、今日も一日楽しませてくれた「お山」に感謝しつつ早目ではあるが家路に就く



                                                         ~お終い~

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。