2011-01-22 23:08:53

雪山研修会-Ⅰ

テーマ:週末記

          リスク判断と発生時の実践的対応研修




    趣味とはいえ常にリスクの伴う雪山に入る身として、時々は受けておきたい雪崩研修。


    主催は長野県山岳総合センター、共催が長野県山岳協会の遭対委員会と指導委員会。


    四年ぶりに参加したが新しい講師のもと、以前とは一味違った実践的内容だった。




            撮影機材:カメラ CANON PowerShot SX130 IS




 (AT 9:30) 初日、会場の長野県山岳総合センターへ
ロフトで綴る山と山スキー-0122_0930





  昨年から講師は国立登山研修所専門職のさん 講義を聴く50人近い受講者ロフトで綴る山と山スキー-0122_1148





  午前の講義が終わり食堂にて昼食 (^O^)
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1215





  午後はフィールドへ移動、場所は閉鎖されて二年目の旧中山スキー場
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1301





  各自のビーコンがどの位置から電波を拾い始めるか、70m離れた場所から開始ロフトで綴る山と山スキー-0122_1328





  自分のTRACKER-DTSは36m地点で反応開始、機種による違いはあるが殆どがこの前後から・・
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1337





  続いてはピンポイントで何処まで寄れるか、電波と自分のビーコン特性を知っておく事は重要!
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1411





  初日フィールド研修の最後は雪崩捜索模擬演習、中々迫力があった (ノ゚ο゚)ノ
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1447





  センター講義室に戻りグループ別検討会、フィールド研修での問題や疑問点を話し合う
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1601





 (AT 19:16) 初日のカリキュラムが終わって楽しい夕食会、今回みいさん&松ちゃんも初参加
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1916





  やはり山ヤの集まり、ビールに始まりワイン・日本酒・生ビールサーバまで登場し山談義に夜は更ける ZZzz
ロフトで綴る山と山スキー-0122_1941



                初日の研修で印象に残った言葉「勘は経験の蓄積によって磨かれる」


                                                    ~二日目に続く~  

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。