医療保険とがん保険は両方に入った方が良いの? | 虫鹿恭正オフィシャルブログ「お金の神様」

虫鹿恭正オフィシャルブログ「お金の神様」

ファイナンシャルプランナー虫鹿恭正が「お金の神様」について語るブログです。

がん保険は読んで字の如くがんを保障する保険です。一般的ながん保険のプランだとがんと医師から診断されたら50万円、100万円と保険金が支払われるプランが多いです。

がんによって入院や手術をした場合はもちろんこと、がんに関する放射線治療や抗がん剤治療を受けている時や通院など、とにかくがんに関して保障してくれる保険です。

 

一方、医療保険は契約するプランによって幅があるんですが、一般的には入院や手術や通院を保障する保険です。病気や怪我の内容は限定せずに保障され保険金を受け取れることができます。

だから、もちろんがんで入院や通院した場合も加入している保険の保障内容に含まれていれば保障を受けられます。

実際に医療保険とがん保険の両方に加入している方もいます。

両方加入する人の理由を尋ねてみると家系で癌になった人が多いから心配なのでがんに備えて医療保険よりももう少し手厚く備えておきたいということが多いです。また、癌になった場合の治療代を統計やデータを見て、備える必要を感じて加入される方もいます。

 

最近は医療保険にガン保険の機能を兼ねているプランも増えてきています。がんと診断時にがん保険で受けられる保障と同様のものを医療保険にもオプションで付けられるようになってきています。

このようなオプションを保険の用語で「特約」と呼びます。医療保険の特約の中に「がんと診断されたら100万円保障」「がんで抗がん剤や放射線使った治療で10万、20万円保障」されるなど特約も多くあります。


このような医療保険にがん保険の機能を特約で付けることも検討すると良いと思います。