サボテンの花の咲く春に | 鍼灸師が創った元祖国産よもぎ蒸し【よもぎ庵】子宮菌活®
新型コロナウイルスに関する情報について

鍼灸師が創った元祖国産よもぎ蒸し【よもぎ庵】子宮菌活®

【老舗よもぎ蒸し販売のよもぎ庵】

2002年の発売以来、本物志向、こだわるプロの治療院・助産院・サロン・美容室に選ばれる 【元祖国産よもぎ蒸し】

よもぎ蒸しに乳酸菌を加えたよもぎ乳酸菌蒸し(R)は、子宮環境を整える子宮菌活(R)として妊活に最適です。

 

 

はるになった

いや、もう夏かな

 

4月になった

 

 

3月の半ば

サボテンの花が咲いた

 

 

蒸しりんごを開業した

9年前

いただいたサボテン

 

はじめて咲かせた花

 

 

 

昨年度も

たくさんの変化があった

 

 

閉店とコロナによる変化

もはや変化が日常化し定着化

 

 

出会いと別れ

 

わかれ

 

離れても近い

近くても遠い

距離じゃない

コロナで実感

 

 

自分の生きてきた

人生しか知らない

 

 

なのに影響力のある

親と言う関係性にも

生きているということに

時に怖さを覚える

 

 

けれど

 

他者との関わりは

その人の人生の経験を

知り学ぶことができる

 

 

足りないものは

人から補ってもらえる

 

だからこそ

自分を知る

 

自分には何があり

何がないのか

 

 

9年も咲かなかった

サボテンの花は

 

半月以上咲き続け

枯れる気配を見せない

 

 

こんな花を咲かせる情熱を

内に秘め

何年も潜んでいたのか

 

 

毎年咲いては散る

あはれな美を醸す桜と

10年に一度レベルのサボテンと

 

多様なこの春の美しさに

嗚呼、とため息つきつつ

 

 

遠くへ引っ越す友との

距離を悲しみ

距離をものともしない

 

一生レベルの

友に出会えことを

改めて喜び

 

新たな道を進もう

 

次に

サボテンの

花が咲く頃は

 

わたしはどんな

時間を過ごしているのか

 

互いの見つめた世界の話を

その時にまた

しよう

 

 

今年の春の佳き日に

感謝を込めて