密かに悩む人が多いおねしょ・夜尿【小児はり】 | 【福岡】子宝・よもぎ蒸し・美容鍼・花粉症の蒸しりんご♪(鍼灸りんご堂・よもぎ蒸しよもぎ庵)

【福岡】子宝・よもぎ蒸し・美容鍼・花粉症の蒸しりんご♪(鍼灸りんご堂・よもぎ蒸しよもぎ庵)

福岡のよもぎ蒸し・鍼灸のお店【蒸しりんご】
子宝希望、逆子、陣痛付けにはよもぎ蒸し!
逆子・陣痛付け・花粉症・美容鍼はオーナー鍼灸師りんごが担当。
VBAC(帝王切開)や、子供アトピーケア、菌活の人気講座も開催しています。


テーマ:


こんばんは。
蒸しりんご店長のりんごです。

新学期になってすぐに
小学校から検尿キットを持ち帰っていました。

朝起きてすぐのおしっこを取りますよね。

朝のおしっこといえば・・・と

検尿キットを見ながら
息子ちゃんの夜尿症のことを
今となっては微笑ましく思い出しました。


鍼灸師として小児はりを学び

その後、実際自分が子育てをして経験したことで

小児はりをおすすめしたいなと
思っている内容がいくつかあります。


どれも治療家の視点より
一悩める母親の視点で

実際に自分と同じ状況の母に
寄り添いたい、情報を届けたい
こういう駆け込みどころがあったら
育児ストレス、ノイローゼも減るんじゃないかな?と

そういう想いです。

まずもっての代表格は
おそらく多かれ少なかれ
多くの母親が経験するんじゃないかなという

夜泣き、疳の虫。

>>夜泣き、泣き止まない子どもに発狂寸前の夜【小児はり】

夜泣きは孤独感が増すから
本当に、一人で悩まず
ぜひ小児はりを!とおすすめです。

夜泣きや疳の虫を代表例として
とりあえず要するに
全ての子の健やかな心身の成長のために
小児はりはおすすめですよ、とも言える。

多くのお母さんが、気が楽になり
救われるんじゃないかなと。

で、それよりももう少し
子供の症状に特化したもので
私が力を入れたいな、と思っていたものは

夜尿症なんですよね。

今はほぼアトピーのことを勉強しているので
夜尿のことは書いてきていませんが

実は夜尿症のことも
ずっと勉強していた分野の一つなんですよね。

ぱっと自宅の本棚を見ても
それなりのおねしょ関連の本があります。

夜尿症

このおねしょも、書き出すと
アトピーに負けず劣らず
マニアックな記事書けますよ。

いや、でもやっぱりアトピー界の
迷走具合に比べたら
全然シンプルなんですけどね。

それでも、一昔前よりも
おねしょ・夜尿関連の本も
だいぶん増えているのを感じます。

図書館でも割とそろっています。

おむつはずし、トイレトレーニングなんて言葉が
存在するので
当然、自然現象?として

病的ではなく、気にならない
いわば「赤ちゃんだから」ということで

【おねしょ】は当然のものとして
ある程度容認されていると思います。

それが【夜尿症】となると
病的な言い表し方になりますね。

おねしょと夜尿の違い、その境目は
年齢とされています。

その定義は

「5~6歳になっても
月に数回おねしょが続く場合を夜尿症といいます」




この定義を読んで
おそらく、子どもの夜尿で困っている人は
【月に数回】なら全然病的じゃないよ!!
そんなの普通よ!

うちの子は、もうほぼ毎日よ!!

と、叫んでいるんじゃないかなと思います。


うちの長男くんもそうでした。

前回の記事にも書きましたが
確か1歳過ぎにはパンツを履いていたし

昼のトイレはすんなり成功していたんです。

でも、おねしょがずっと続いていました。
5~6歳の段階では
ほぼ毎日、しかも一晩に2回以上も頻回

そんな毎日でしたよ。

おねしょもそのうち、そのうち
きっと治るから・・・

取り立てていろいろしなくても。

また、おしっこ、泌尿器のことは
自尊心とも関わるから
下手に色々言わず見守ろう

そんな気持ちで
希望的に見ていたんです。

ところがなかなか治らず

やはりね、聖母ではないので
本当に、毎日毎日のおねしょで
正直、親も気が滅入るのです。

そして心無い言葉を浴びせたり・・・


でも、通常のトイレトレーニングと大きく違うのは
子ども本人も一生懸命おねしょを治したいと
努力しようとしているんです。

そこが、親だけが一生懸命のおむつはずしと大きく違う。

おむつはずしは、本当に
本人がその気になれば

意識があるときの尿意だから
すぐにトイレでできるようになる。

でも夜尿は違う。

そのうち幼稚園になると
お泊りが出てきたりするので

本人も、楽しみなはずのお泊りが
おねしょが原因で憂鬱になる。

行きたくない、とつぶやく。

親としてもなんとかしてあげたい。


このあたり、やっぱり
同じ悩みを持つ母親同士集まると

もうたくさんの話が出てくると思いますし
そういう場って必要だと思うんですよね。

なんか、水面下に埋もれているけど
すごくすごく深い悩みの1つ
そんな分野ですよ、夜尿は。


おねしょ、夜尿についての話は
それこそ何回かに分けて書ける内容があるので
たくさんネタはあるのですが

とりあえずこの辺りで終わりにします。


そして、もちろん夜尿の病院はあります。

でも、これまた小児はりは
すごくすごく効果あるんですよ。

それに、一応の定義は
5~6歳で月に数回おねしょが夜尿ですが

5歳を前にして

うーん、なかなかおねしょ治らないな~
でも、もう少ししたら治るかもな
病院ってほどじゃ、

でも、でも
もしなおりにくく長引いたらどうしよう

という状況こそ
どうぞ小児はりを!

実際の小児はりの現場は
幼稚園、小学校のお泊り
修学旅行などなど

お泊りがあるからそれまでに、と
小児はりに駆け込む方が多いんですよ。

あ、一応小児はりは
生後1ヶ月から12歳までの
あらゆる子どもが対象となります。

あとは個体差あり
状況によっては大きくなれば
刺す(一般の)針に移行します。

夜尿かな?の入り口に立たれている方も
ぜひぜひ体験会にお越しください。



5月9日(月)10:00~13:00
小児はり無料体験会を開きます!
是非お越しくださいませ。

お申込は ご予約フォームよりどうぞ



こいのぼり5月募集中の講座
・5月9日(月)小児はり無料体験会
・5月17日(火)ベビーマッサージ講座
5月26日(木)卵子快適お灸教室
・5月31日(火)VBAC茶話会

りんご販売中のテキスト
逆子対策ノート 逆子を戻すコツ
逆子の方はぜひお読み下さい!



福岡よもぎ蒸し&鍼灸【蒸しりんご】:店長 りんごさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス