逆子ではなく頭が下が普通である理由 | 【福岡】子宝・よもぎ蒸し・美容鍼・花粉症の蒸しりんご♪(鍼灸りんご堂・よもぎ蒸しよもぎ庵)

【福岡】子宝・よもぎ蒸し・美容鍼・花粉症の蒸しりんご♪(鍼灸りんご堂・よもぎ蒸しよもぎ庵)

福岡のよもぎ蒸し・鍼灸のお店【蒸しりんご】
子宝希望、逆子、陣痛付けにはよもぎ蒸し!
逆子・陣痛付け・花粉症・美容鍼はオーナー鍼灸師りんごが担当。
VBAC(帝王切開)や、子供アトピーケア、菌活の人気講座も開催しています。


テーマ:
らんらんらん♪卵子快適生活(お灸教室)誕生 

   
◆日時:4月13日(日)10:00~12:00

◆参加費:4,000円(玄米餅入りぜんざいおしるこ付き)

※卵子快適お灸教室内容詳細はこちら



おはようございます。
蒸しりんご店長のりんごです。


まだまだ朝は寒いですね~。
早朝活動組の私は

やっぱり夏のほうが活動しやすいです。

早く温かい朝になってほしいなぁ。


さて、少し中断になっております
逆子の記事の続きを書きたいとおもいます。


逆子の記事、ある程度まとめて
書こうと思っていたのですが

書こうと思っている情報量が多すぎて
まだまだ続きそうです。


これまでは、逆子が治らない要因を幾つか書きました


やじるし 逆子が治らない理由:羊水量
やじるし 逆子が治らない要因:胎盤
やじるし 逆子が治らない要因:へその緒(臍帯)
やじるし 逆子が治らない要因:臍帯巻絡
やじるし 逆子が治らない要因:張り付き逆子と回転軸


今回は、そもそもなぜ逆子になるのか
逆子になる原因を書きます。


が、まず


なぜ逆子になるのか?という質問を前に

逆に


なぜ、胎児は頭が下が普通であるのか

これを考えてみましょう。


昔書いた記事の中では
子宮と胎児の形として

胎児も子宮も尖ったたまご型でたまごa(ピンク)
頭を下にするほうが収まりが良いと書いていました。

よもぎ蒸しカフェ蒸しりんご♪


子宮の形、つまり居心地がいいように収まっている

これはそうなんだと思います。

そしてそれ以前にシンプルに

哺乳類である以上
生物学的にインプットされ
その生理に従って頭を下にむけている

とも言えるでしょう。

そしてその”哺乳類だから”という単純な理由を掘り下げると

最も大事な脳を守るためにも
いち早く外界に出してあげて

酸素を届けてあげられる環境に送ること
大事ですよね。


以前、友人が出産時に
頭が出た状態で一息ついたら

そこで赤ちゃんが泣き出して

自分でその図を想像すると

自分のおまたからニョロっと顔を出して
顔以外はまだお腹なのに
その姿勢で泣いている

なんとも笑えてしまった!と話していました。

生物として単純にインプットされている
それが全てなのかもしれません。


頭が下であるのが普通である理由
長くなり過ぎないようにわけますね。

もう少し続きます。

次回
【赤ちゃんには頭寒足熱は当てはまらない】というテーマでお届けします。


ママnextsei♡胎児には頭寒足熱は当てはまらない

福岡よもぎ蒸しサロン 『蒸しりんご』:店長 りんごさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス