大人のピアノ(3)レパートリーを確保する方法 | Museの音楽雑記帳

Museの音楽雑記帳

ピアノレスナーMuse(ミューズ)の学び・遊び・日常


テーマ:
「ピアノを習ってます」と友人知人に話すと、
「わ~!すごいね!何か1曲弾いて!」
とリクエストされたりすることもあるかと思います。

そんな時・・・

「あ~困ったな~w
前にやった曲はもう忘れちゃったし・・・
今やってる曲はまだちゃんと弾けないし・・・」

な~~んて状態になってませんか?(笑)


自分自身が楽しむためにもレパートリーは是非とも確保しておきたいもの。


でも・・・・


いつでも弾ける曲を何曲も維持し続けるのって、大変なんですよね~!

今回はブライダルプレヤー時代にレパートリーを増やしていった経験から、
「大人のためのレパートリーを確保する方法」をご提案してみたいと思います。


1)レパートリーにしたい曲を書き出して「リスト」を作る

2)任意の1曲を選び、日々の練習の最後に「思い出し練習」する

3)90%くらい思い出したら楽譜のコピーを取り、ファイルしておく

4)2)~3)を繰り返し、レパートリーを徐々に増やしていく

5)レパートリーが確保できたら、日々の練習の最後に「1曲だけ」「1回だけ」弾く

6)時々「1曲集中練習」をしてレベルアップする


 

  
1)レパートリーにしたい曲を書き出して「リスト」を作る

「エリーゼのために」だけは弾けるようにしておきたい!
発表会で一番良く弾けた「星に願いを」をレパートリーにしたい!
母の好きな「川の流れのように」はいつも弾けるようにしておきたい!
孫と一緒に「童謡」を歌いながら弾けるようにしておきたい!

・・・等々、1曲でも10曲でも、ほとんど覚えてる曲でも99%忘れてしまった曲でもいいので、
自分自身に「これをレパートリーにする!」と宣言し、リスト化します。


2)任意の1曲を選び日々の練習の最後に「思い出し練習」する

「レパートリー・リスト」から1曲を選んだら、ゆっくりと片手から「思い出し練習」をします。
どの曲を選んで良いか分からない時は、まずは一番覚えている曲から始めてみましょう。

「思い出し練習」は日々の練習課題のあとに10~15分程度でかまいません。
今日は右手だけ、明日は左手だけ、3日目は前奏だけを集中的に・・・など、
無理のない、続けられるペースで始めてみましょう。

「そんな程度の練習じゃとても思い出せないわ!」と思われるかもしれませんが、
一度弾けていた曲なので、初めての時よりは早く弾けるようになっていくはずです。

たとえ思い出すのに3ヶ月かかったとしても、1年続ければ4曲確保出来ます。
半年かかったって1年に2曲です。
いや、1年に1曲でもレパートリーが確保出来ていけば良いのではないでしょうか?
日課として続けていくにつれ、レパートリーは徐々に増えていくはずです。

「この曲をレパートリーにする!」という強い意思と、
毎日10分でも「思い出し練習」を重ねていくことの2つが大切です。


3)90%くらい思い出したら楽譜のコピーを取り、ファイルしておく

完璧を期すとレパートリーはなかなか増えないので
90%位弾けるようになったと思ったら、一旦よしとしましょう。
必ずしも暗譜しなくてもかまいません。

そして、レパートリーになった曲の楽譜のコピーを取りファイルに収めます。
(自分の楽譜以外をコピーするのは違法になるのでやめましょうね!)

レパートリーが増えてきた時、ファイルにまとめておいた方が練習しやすいし、
外で弾く機会が出来た時は、そのまま持ち歩けます。


4)2)~3)を繰り返し、レパートリーを徐々に増やしていく

たとえば、普段1時間練習をする人であれば、50分はいつもの課題を練習して、
10分はレパートリーのための練習時間にする・・・など、自分で配分を決めて
レパートリーを徐々に増やしていきます。


5)日々の練習の最後にレパートリー曲を「1曲だけ」「1回だけ」弾く

レパートリーが増えて来たらローテーション練習するようにします。

たとえば5曲キープできたとすると・・・

1日目はA曲、2日目はB曲、3日目はC曲・・・のように、
1日に「1曲だけ」を「1回だけ」弾くようにして、一周したらまたA曲に戻ります。



さぁ!ここまで来たら、もうあとはしめたもの!

以後は今習っている曲を仕上げる際に「この曲をレパートリーにしておきたい!」と思ったら
このローテーションに加えて行くだけでいいのです。


6)時々「1曲集中練習」をしてレベルアップする

時々は1曲だけを取り上げて丁寧に練習をしてレベルアップしましょう。

実力より余裕のある曲は、「美しい音で」「見落としている記号はないか?」
「メロディをきれいに歌えるように」など、よりレベルの高い演奏を目指します。

実力相応と思える曲は、時にはきちんと練習しないとレベルアップどころか
キープするのも難しいですね。

超ゆっくり弾いたり、難しい箇所だけ部分練習をしたり、
また楽譜を丁寧に見直してみると、新しい発見があるかも知れません。


               *~*~*~*~*~ ま と め *~*~*~*~*~*~*~

1)レパートリーにしたい曲を書き出して「リスト」を作る
2)任意の1曲を選び、日々の練習の最後に「思い出し練習」する
3)90%くらい思い出したら楽譜のコピーを取り、ファイルしておく
4)2)~3)を繰り返し、レパートリーを徐々に増やしていく
5)レパートリーが確保できたら、日々の練習の最後に「1曲だけ」「1回だけ」弾く
6)時々「1曲集中練習」をしてレベルアップする



一人でも多くのピアノ学習者が、より楽しいピアノライフを送れるよう願っております!



最後までお読みいただきありがとうございました!
バナーをポチッ♪して応援していただけるとうれしいです!


にほんブログ村

ミューズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス