日本料理教室 彩楽のお稽古の時にわけていただいたボラ子で
唐墨を作りました。



大きくて立派なボラ子、
先生がお手間をかけて丁寧に丁寧に血抜きをしてくださり綺麗でつやつやのボラ子です。

お塩をボラ子の姿が見えないほど纏わせて冷蔵庫で1日寝かします。

↓この後お塩で埋まりました、

1日経ってお塩を洗い流します。




そしてアルコール35℃の焼酎に1日漬けてます。

1日経つとこんな風にふやけていました。
ちょっと不安、、、心配になり
彩楽の大センパイのCampbellさんの昨年のブログを拝見したら、問題なし!
お写真と共に丁寧に書いていてくださり、
不安がなくなりとっても参考になりました。
ありがとうございます。


これから風通しの良いところで5日ほど干します

干し始めて1日経つともうこんなに唐墨らしくなってきました。



裏に返したり風通しの良いところに移動したり、
甲斐甲斐しくお世話しました!

良い感じになってきて、そろそろ良いかな?

上の身の部分をカットして出来上り〜♪


立派な唐墨が出来ました。

いつカットしようかな?
いただくのが楽しみです♪



過去2回ほどダンナさんが自分の釣ったボラで唐墨を作った事がありました。
血抜きも大変だったようでしたし、
塩漬け塩抜きなど工程が違い二週間くらいかかって作っていたように記憶していました。


先生が一番大変な作業の血抜きをしてくださって受け取れ、またシンプルな工程を教えていただき
思いの外簡単に唐墨作りができました。

先生おかげさまで立派な唐墨が出来ました!
ありがとうございました。