さて、久しぶりの投稿になってしまいました( ;∀;)

 

今回は投球動作について少し書こうと思います。

先日バッティングで右母指を負傷して来院した学生さん野球

 

母指の痛みもなくなり、他に何か気になることはないか聞いたところ、

右肩が痛くなる・ツラくなることがある とのことあせる

 

そこで投げ方を確認しました。

 

\ 普段通りの投げ方 /

①後方から

 

 

 

③横から

 

 

 

 

\ アドバイスをした後の投げ方 /

②後方から

 

 

 

④横から

 

 

 

 

 

さあ、後ろから①(指導前)③指導後と横から②(指導前)④(指導後)を比べてみてどうでしょうか?目

 

 

 

 

 

 

 

 若干の誤差はあるかもしれませんがどちらも肘が一番上に上がった状態で静止画にしました。

指導後の方が肘が高く上がっているのが分かると思います

(動画も確認してみてください!)

一般的に肘が肩より低い位置にあると肘・肩の靭帯に負担が掛かってしまうのは知られてきている事だと思います。

問題はどうやって肘を高くあげるかです。

肘が下がってしまう原因はいろいろあると思います。

 

例えば

『ヒップファーストがうまく出来ていない

『歩幅が狭い』

『骨盤後傾で真っ直ぐに踏み込んでいる』 などなど

様々な身体的要素と動的要素が組合わさり、必ずしも例に上げた動きが全部がダメということではないと思っています。

 

何となく普段通りに投げてもらっただけなので歩幅など気になる点は多々ありますが…

 

今回は『腕の使い方』のみアドバイスしました。

具体的なアドバイスは次回に…目

 

 

むさしの接骨院 ホームページパソコン

【むさしの接骨院について知りたい方】

インスタグラムパソコン

【院内の様子・出来事】

Twitterパソコン

【SNS更新情報】

noteパソコン

【靴・動作分析・スポーツ・メンタルの記事】

 

Twitterフォローしていただけると

更新情報分かります。

 

フォロー&いいね 嬉しいですウインク拍手