ゼロから始めた自宅教室で生徒さんが100名に!起業ランチセミナー | 武蔵小山創業支援センターのブログ

武蔵小山創業支援センターのブログ

ちょこっと起業から、がっちり起業まで、想いを受けとめ、ピタッと寄りそう。

皆さん
こんにちは!
本日は、あいにくの悪天候…。
雨風はげしい天気にも関わらず、7名の方にご参加いただいた
女性限定のお昼のセミナー。
今日の講師はLCコーデ合同会社の高橋文佳さん。
LEDキャンドルのハンドメイドインテリカバーの作成、販売に加え教室も開催されています。
現在、武蔵小山創業支援センター1階で、期間限定ショップ・教室も開かれていますよ。
高橋さんには自宅教室の開設、運営をテーマにお話しいただきました。
なんとこれまでに100名以上の生徒さんがいらっしゃるそうです。
きっといろんな経験をなされて起業されたのかと思いきや、起業経験も経営経験もなかったそう。
勇気づけられますね。
 
高橋さんは趣味で続けられていたプリザーブドフラワーの教室を2008年にご自宅で開かれました。
起業というイメージを持たずに趣味の延長という思いだったそうです。
 
自宅で教室を開くのは、時間の融通が利きやすく、子育てや家事で忙しい女性におすすめの企業スタイル。
一方で、オンオフが利きにくいデメリットも。
家族からの協力を取り付けることも大切ですね。
 
教室を開くにあたり、一番気になるのは「集客」
このところを具体的に教えてくださいました。
自宅教室なら地域密着が必須とのこと。
ポスティングやビラ配りをご自身で実施されたそうです。
また地元誌への広告も効果的だそうですよ。
SNSの活用についてもアドバイスがありました。
高橋さんのご経験では、インスタグラムなどのSNSから直接の
問い合わせはほぼないとのこと。
SNSで高橋さんの作品を知り、その後ホームページを確認されてから
ホームページを通じての問い合わせがほとんどだそうです。
このことから、SNSだけではなく簡単なものでもいいので
ホームページをつくりましょう!と教えてくださいました。
( ..)φメモメモ
女性向けの教室を開かれている高橋さん。
そこで重視しているのがコミュニケーション。
生徒さんのちょっとしたお話もじっくり耳を傾けられるそうです。
生徒さんの作品にちょっと手を加えた時がいいときも
まずは、いいところをほめてから。
この気遣いが生徒さんを引き付ける秘訣なんですね。
 
ここでミニレッスンがはいりました!
ラッキー★
 
よい教え方、よくない教え方を実演してくださいました。
なるほど、かみ砕いて説明されるとわかりやすいですね!

ほかにも、「リピート、継続のためにレッスン外でしたこと」、「客単価の上げ方、レッスン料のあげ方」、
「自宅教室を開く方、既に開かれている方に向けて」、「チャレンジショップの紹介」…と盛りだくさんの内容でした。
講義終了後は立食形式でランチを囲んで楽しく交流会です。
講義で気になったことを直接、高橋さんに聞いていましたよ。
皆さん、自分の場合はどうしたらいいのかなど具体的なアドバイスをもらっていましたよ。
参加頂いた皆さんありがとうございました!
高橋さんのショップにもぜひお立ち寄りください。
6月までの期間限定ですよ!