みなさま、こんにちは!

武蔵小山創業支援センターアシスタントマネージャーの荒井です。

 

本日は起業の星★お茶の間サロンを開催しました。

お茶の間サロンは、50代からの起業・シニア起業について知っていただくために定期的に開催しているサロンセミナーです。

 

講師は竹内さん。60オーバーとはとてもお見受けできません!

昨年8月末から東十条にカフェをオープンされました。

「これからの人生、もっと楽しく好きなことを!~ずっと心に温めてきたカフェの開業~」

というタイトルでお話しいただきました♪

 

 

水よりもコーヒーが大好き!という竹内さん、ずっとカフェをやってみたかったという思いをカタチにしようと一念発起します。

そうはいっても全くの未経験、何をしたらいいんだろう?という状態からのスタートでした。

人に聞くよりはやってしまえ!という行動派の竹内さん、ご自身でコーヒー会社と交渉するところからスタートしたそうです。

融資を受けるのも一苦労、事業計画もすべてご自分で何度も書き直し。。。

いざ融資が下りたところで、手伝ってくれる約束していた方の都合が悪くなり、急遽人材を採用することに。

まさに波乱万丈のスタートです。

 

無事2名の採用が決まり、お店をオープン。

スマホを駆使してSNSグループで3人でやりとりしながら情報共有を図り、半年かけてなんとかカタチをつくってきました。

その後は集客のため、ポスター、チラシ、看板、SNSなど、できることはすべてトライするなど大変苦労されました。

 

スタートから半年の間、辛くて何度もやめようかと思ったそうです。

しかし今ではスタッフと共に、やれる!頑張っていくぞ!ととても前向きでいらっしゃいます。

 

その転機となったのが、「コーヒーと和スイーツの店にする!」とコンセプトを決めたことだそうです。

コンセプトを決めて、皆ができること、やりたいことを洗い出し、どう取り組んでいくかを決めて実行することで、少しづつ結果もついてきて、前向きに考えることができるようになったとのことでした。

 

およそ30分間お話しをお伺いした後は、お茶とお菓子をいただきながら参加者の皆様でざっくばらんなトークタイムです。

それぞれのやりたいこと、思っていることをお話しいただき、お互いによい刺激を受けた1時間半でした。

 

ご参加の皆様、どうもありがとうございました!