みなさま、こんにちは。

武蔵小山創業支援センタースタッフの小柳です。

 

 

今日は起業の星★お茶の間サロンを開催しました。

このお茶の間サロンは、

50代からの起業・シニア起業について

知っていただくためのサロンセミナーです。

 

前半はシニア起業された方のお話しを聴くセミナーで

後半は参加者の方々の交流会となっています。

 

 

 

今日お話いただいたのは

イタリアンレストラン UN GATTO(アンガット) オーナーの後 勝さん。

 

テーマは

「経験がなくても想いがあれば! ~未経験からのイタリアンレストラン開業~」

 

 

大阪出身の後さんは、ずっと野球の人生を送られてきた方です。

現在74歳の後さんですが、とてもお若く見えます。

今でも少年野球で指導されたりもしていらっしゃるのでお元気な方です。

 

ずーっと野球の人生を送られてきたので、違うことをしてみたかったと、72歳の時に文京区の創業支援センターでセミナーを受講されたそうです。

しかし、初めからイタリアンのお店をする予定ではなかったとのこと。

奥様とお家の近くで通っていたお店がイタリアンレストランがあったそうですが、オーナーが若くして亡くなってしまい、その後違う方が経営をされていたそうですが、そのうち空き店舗になっていたそうです。

 

奥様がお料理がお好きなので、和食のお店にしようかとも考えたそうです。

そんなとき、今のお店が空き店舗であったことと、地元のみなさまとの親交があったということと、仲の良かったイタリアンレストランのオーナーに相談をした結果、イタリアンレストランをオープンすることになったそうです。

 

武蔵小山創業支援センターの4階にある交流サロンで、なごやかに進められていきました。

皆様からの質問や、今の状況と似ている点が多くあったということで、多くの質問がでました。

 

 

後さんは、ご自分でお料理を作ることはされない完全なオーナーさんです。

起業の形は様々で、ご自分の好きなことで起業をする方もいらっしゃれば、後さんのように好きだけれど例えば、資格がないから資格を持っている人を雇って起業をするという形もあります。

 

ご自分が楽しんで取り組めるものであれば、どんな形もあるということですね。

自分が資格を持っていないから企業はできない! ではないということでしょう。

 

起業をする幅がでますね(^^♪

 

いくつになっても起業はできる!!