テーマ:耳よりサロン


みなさま
こんにちは。センター事務局の直井です。
本日は、耳よりサロンVol.59を開催いたしました。
 
今回のテーマは
~日本の「おもてなしは文化」は世界一~
~独自メソッドで海外からのお客様の心をつかむ方法~
 
ご登壇いただきましたのは
株式会社キャリア・ジョセフィーヌ 代表取締役社長 関 優子さんです。
関さんは、経営コンサルタントを立ち上げられ、ブランディングとホスピタリティで人やお店を輝かせております。

本日はその起業の経緯や、起業についてお話しいただきました。



国際線客室乗務員時代に兄との死を経験され、
その中で「約束」という問いから
様々な経緯を経て現在の事業を立ち上げられました。
元CAさんが、同じ目線で お話しくださいました。

 



大手には、大手の戦い方、中小には中小の戦い方が、あり。
キャリアコンサルティング等もしていらっしゃることから
ユニークな目線で、同じ目線で。
「持参したお菓子の駄目だしをして貰いたい」とのお題を出されました。

それも仕事の9割は、お話を聞くことにある!!とのこと。

 



お話ししていただくだけでなく、実戦でご教示なさる試みに新鮮さを感じた次第です。
確かに、何度同じことを聞くよりも一度の体験って、強く印象に残るものです。

兄との一つの約束。
「弱音を吐かない」それが逆に苦しめてしまった。

それがキャリアチェンジのきっかけになったそうです。
「相手のやりたい状態に寄り添って仕事をしていきたい」
そこでキャリアコンサルティングのお仕事に就くこととなったそうです。

こうした大切な人との約束や呼びかけが、
人生を転換する、じぶんをすべての人を見直す世界観を変えるものとなったようです。

 



お聞きしており「あーそうだよね」「そんな何気ない約束(一言)が変えること」共感する部分って、
振り返ってみると だれかしら なにかしら ありませんか。

それが起業に羽ばたかせるチカラとなってしまうって、素敵ですね。

 



起業において大切なのは「印象力・笑顔」「表現力」「存在感」
あの人に会いたい、あの人と話したいと思わせる 影響を与え合うこととのこと。



良い意味で共鳴しあって、よいお付き合いを心がけていきたいものです。


そこで各々、これまでの人生の出来事、棚卸、どんな山や谷を迎えたかを
互いにシェアしていきました。

みなさん、こころで人生を見つめなおしている表情に和やかながら真剣な眼差しです。
まるで何かが開花しているかのようにさえ見える瞬間でした。



「今が最高なの!」とキラめく女性が多かったことも、嬉しかったとのこと。

後半は関さんも交え、みなさまで交流会。
ほとんどがはじめましての方々でしたが名刺交換や情報交換と活発に交流され
盛り上がりました。



最後に受講されたみなさまからの声を少しご紹介いたします。
・とても充実した時間でした

・ワーク最初はバクバクしていましたが、凄く整理でき浄化できました

・皆さん、素敵な方ばかりで、楽しかったです
・大変感動しました



ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

AD