みなさま

こんにちは。センター事務局の佐藤です。

本日は女性限定の交流会付セミナー「耳よりサロン」を開催いたしました。

今回のテーマは、海外とのビジネスで起業するということ~難しさとやりがい~。
株式会社スルシィ 代表取締役 関谷里美さんにご登壇いただきました。



輸入雑貨屋さんを25年経営していた関谷さん。
第2の起業で、エシカル×フェアトレードを信条にラフィアバッグブランド「株式会社スルシィ」を立ち上げられました。

本日はその立ち上げのきっかけや、事業を進める上での苦労話、特に文化や考え方が違う海外とのビジネスならではのエピソードなどお話しいただきました。



輸入雑貨店をやめ、旅行で訪れたフィリピン・セブ島。
お土産屋さんで見つけた民芸品との出会い、その後日本に帰っても頭から離れず。。

現在はご自身でデザインしたバッグを、現地の女性たちによるハンドメイドで販売。
ラフィアバッグを通じてフィリピンの女性たちの自立支援にも貢献されています。


モノを売るときに大事になるブランディング。
関谷さんが行ったマーケティング戦略は百貨店のバイヤーの目にとめてもらえるよう展示会に出展。
OEMの受注にもつながっているそうです。
今後の展開や夢も熱く語っていただきました。


そして、セミナーの後は関谷さんも交えて交流会。
名刺交換や情報交換で交流を深めていらっしゃいました。



最後にご参加ただきましたみなさまの感想を少しご紹介いたします。
・これからやっていきたいと思っていたことが聞けてよかった。
・社会起業の参考例、成功例だと思いました。大変勉強になりました。
・海外とのビジネスも現地の方とのコミュニケーションが大切なことがよくわかりました。



ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。