みなさま

こんにちは、センター事務局のしんもとです。
早くも1月末。新年明けてからあっという間の一か月でした。

本日ご紹介しますのは2月最初に開催する女性限定のセミナーですニコニコ

【タイトル】
★朝からがっつり!学んで着実にステップアップ!悩めるあなたのための営業ベーシックセミナー

【日 時】
2014年2月6日(木) 10:00~13:00

【費 用】
2,000円(資料代 税込み)

今回登壇するのはかつて営業の最先端で活躍していた、この武蔵小山創業支援センター事務局長、
仙波希とインキュベーションマネージャーの大原律子です。

セミナー初のダブル講師で「営業ステップアップセミナー」を実施します。

多くの起業家が避けては通れぬ、<営業>。
しかし苦手意識をもっている人がほとんどですしょぼん
    

商品はあるけれど、全然売れない、営業へのニガテ意識がある、
など営業がニガテだなと思った方、
このセミナーに参加して、苦手意識を克服し、上手に営業できるようになりませんか?
  
詳細・お申込みはこちらより
https://www.musashikoyama-sc.jp/?rd=euxmtmrj

みなさまのご参加、お待ちしておりますニコニコ


AD
みなさま

こんにちは。センタースタッフの新元です。
本日は女性限定の交流会付きセミナー「女性の起業*耳よりサロン」が開催されました。

今回セミナーにご登壇いただいたのは。株式会社COAROO代表取締役の池  成姫さんです。

池さん次世代ショルダーバックという画期的なアイデア「コアルー」産みの親です。


起業体験談から、お話しいただきました。
子育ての中で感じたさまざまな不便さ、そしてもともとアイデア好きであること
周りの方から気づかされた自分の強み、それをビジネスに活かす方法を考えたそうです。

そしていよいよ池さんの「コアルーバッグ」のお話へ。

美学と機能、高い目標を設定して商品について思い悩んでいたとか。
しかしある日、天から急にアイデアが舞い降りてきたそうです。これしかないと!

実際コアルーバッグを使って、その利便性を見せていただきました。

その画期的なアイデアをもって様々なコンテストで受賞した、池さん。

震災時の苦労も語っていただき、理想と現実で苦しみながらも逆に、「コアルー」の事業をやらなければいけない、という使命感が生まれたそうですメラメラ
お金儲けではなく、いざという時に社会の役に立ちたいという池さんの情熱が伝わってきましたニコニコ

その後展示会に出展し、周りから事業協力のオファーもあったりとなど、事業を進めていきました。
今年もスケジュールが埋まっているそうです。

そしてコアルー商品を2020年のオリンピックに連れていきたい、コアルーのお店を作りたい、という夢を語っていただきました。

後半の交流会でも池さんのビジネスへの態度や取り組み方に学ぶお話ばかり。
みなさま楽しく交流いただきました。

最後にみなさまのご感想を紹介いたします。
・とても分かりやすく参考になりました。
・具体的で勉強になった。熱さを見習いたいです。
・最初から最後まで内容にひきこまれました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!



AD
皆様

こんにちは。
センター事務局の新元です。

本日はビジネスプラン発表の極意が聞けるセミナーが開催されました。
講師は株式会社エクスウィルパートナーズ代表取締役社長、五十嵐和也さん。


五十嵐さんはセンターの専門アドバイザーとしてもご活躍いただいております。




まずは五十嵐さんの起業までの体験談。

そして二人一組の自己紹介、四人一組の他己紹介などユニークなワークを通して、
【伝え方】の重要性を教えていただきました。

日々の生活の中で必要となってくるプレゼンテーションですが、
特にビジネスコンテストにおいては、評価基準を理解することが大切となります。




ではそのためには、ご自身の考えているビジネスプランがどのようなものか、
顧客やニーズ、お金について含め、抜けもれなく全部をきちんと伝えなければなりません。

その中で自分の商品・サービスが他者とどう違うのか、その違いを明確にしなければなりません。
また問題をいかに詳しく伝えるかも重要になってきます。
審査員がその問題点をきちんと理解できるかが、その事業が必要かどうかを認識するカギとなっているからです。
自分の事業にとってなにが大切なポイントなのか、考えていただきました。

そのあとはテクニックの面も。
パワーポイントの作り方、プレゼンの話し方など、丁寧にお話しいただきました。

最後に皆様の感想をご紹介いたします。
・「伝え方のプロ」さすがです!最後の自己紹介も圧巻でした。良い学びになりました。
・とてもわかりやすくためになりました。
・実例をいれたり、写真を入れたりといろんなアイデアが浮かびました。

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございましたニコニコ

AD