台湾の火鍋と科学麺 | 阿憲のさわやか日記

阿憲のさわやか日記

おもしろい事を見つけたら投稿していきます!


テーマ:
台湾では一年中火鍋(フォクォ)が有りますが、流石に真夏に食べるよりも、
今の時期が身体が温まるのでより美味しく食べられます。



写真は、一つの鍋で2つの味が楽しめる、台湾でよく有る火鍋で、
これは、麻辣(マーラー;大辛)と酸菜白肉(酸っぱめ)
のコラボレーションです。

これに、肉(牛、豚)モツと野菜、茸類、それから、エビ、牡蠣、アサリ、
イカなどの海鮮が普通、具として入ります。
鴨血というアヒルの血を固めたもの、大腸頭といって大腸のモツ、
それから芋頭といって台湾のサトイモ(日本のより甘みがある)など
特徴の有る具が多いです。







中でも極めつけは科学麺(カーシュエミェン)といって、
日本のベビースターラーメンの様なものです。
台湾での負通の食べ方は、日本のベビースターラーメンと同じ様に、
おやつとしてそのまま食べるらしいのですが、薄味なので火鍋にいれると
鍋のスープの味がしみてとても美味しくなります。



これは、台湾に来たら一度は火鍋に入れて食べてみる価値がありますよ。

色々書きましたが、今日のメインは科学麺の話です。

台湾のベビースターラーメンという事で、大量に買い込んで、お土産として
配ったら喜ばれること間違い無し、です。因みに値段は、1袋10元くらいです。

阿憲さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。