彼岸花が咲く島 と 五十鈴川でじゃぶじゃぶ洗いたい | 主婦の戦う読書日記

主婦の戦う読書日記

好き嫌いの多い偏食家族をもつ
主婦の戦う晩御飯&読書日記です
元アル中(断酒中)リウマチ発症
読書が唯一の楽しみ
働いても働いても
楽にならざり ワーキングプアです

彼岸花が咲く島

読んでみました

記憶を失くした少女が流れ着いたのは

ノロが統治し、男女が違う言葉を学ぶ島だった

不思議な世界、読む愉楽に満ちた中編小説。

 

75点キラキラキラキラキラキラ

165回芥川賞

記憶を失った少女が

彼岸花が咲き乱れる海岸に

打ち寄せられる場面から始まる

少女は游娜(ヨナ)に助けられ

宇美(ウミ)と名前を

つけられます

少女は記憶をなくしていましたが

相手の言葉がなんとなく理解できますあせる

島では、日本語と中国語と

台湾語と沖縄の言葉が

混じったような〈ニホン語〉と

女だけに伝わる〈女語〉の

二つの言葉が話されています叫び

 

言葉が入り乱れ

微妙に分かるもどかしさを

宇美と一緒に体現しながら

 

なぜこの島が 女性によってしか

歴史を語り継ぐことがないのか

実の親に育てられることがないのか

男性が 祭司になれないのはなぜか

その謎に後半 ぐっと迫っていきます!!

 

芥川賞は最近いつも

夢の中のような

幻想的なものが多いのですが

これは 割とフィクションのなかにも

現代への風刺もきいていて

読みやすい方ですニヤニヤ

 

歴史を知ると

劇的にものの見方も変わるし

どんなユートピアであれ

いつかは変化していくという

人間らしい苦悩を感じ小説でしたお願い

 

 

 

 

 

 

好きな芸能人夫婦は?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

もう いい夫婦の日ですか
これが回ってくるたびに
一年って早いなぁ と思う・・・真顔
もう年末じゃんあせるあせる
 
 
 
腹ごしらえしたあとは
内宮へ
 
五十鈴川にかかる宇治橋
ひー きれい
底が見えてる
御手洗場で手を清めます
冷たくて気持ちがいいお願い
自分の内側を
じゃぶじゃぶ洗ってしまいたいよ・・・真顔
 
ぽちーーーと
お願いいたします


読書日記ランキング

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村