花だより みをつくし料理帖 特別巻
読んでみましたおねがい
 
みをつくし料理帖シリーズ

随分前に一冊だけ読んでましたアセアセ

健気な澪ちゃんが 気になっていたものの
なんとなく これから苦労しそうな気がしてアセアセ
こういうの私 弱いんですよねガーン
心が打たれ強くないので笑
 
特別巻 その後のみをつくし話ということは
ああ これ以上は辛いことがないだろう
なんて思って読んでみたんです笑
 
澪が大坂に戻ったのち
文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての
その後の登場人物たちを描く 4つの短編です
一作しか読んでいませんが 登場人物は
あらかた覚えていたので 違和感なく読めましたグッ
 
よかったのは
御膳奉行の小野寺数馬と一風変わった妻・乙緒の
夫婦の危機をかいた「涼風あり」キラキラ
お互いに思いを言葉にしない夫婦の
溝の埋め方が素晴らしかったし
妹 早帆のびっくり料理にも笑えました爆  笑
 
そして 肝心の澪ちゃんと源斉さんご夫婦の話
「月の船を漕ぐ」
やっぱり澪ちゃんは 辛い目にあって
でもそれを努力で切り開いていく・・
苦労の多い人生だなぁ ガーン
しかし そのくじけない姿に好感をもたれるんでしょうね
健気に頑張ってます!というお便りをもらえたような特別編です
 
表題作「花だより」は
種市とつる家の面々が登場
生家の再建を果たした 野江ちゃんも登場
みんな苦労しながらも しっかり生きていく姿を読めて
ファンの方はこの続編に 満足すると思います照れ
 
 

鏡開きした?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 

今の鏡餅の中身って

切り餅が入っているので便利ですね照れ

 

昨日息子から聞いたんですが

小6の息子のクラスのお友達が4人ほど

「今月は学校にこない」っていうんですよ

今月?? なんでよ??

と思って よくよく聞いてみたら

 

1月入ってからは 中学受験のため

受験まで お休みするんですって!!

へー 娘の時には そんな話を

聞かなかったので びっくりでしたびっくり

 

確かに 1月といえば 耐寒登山があったり

卒業コンサートの練習とか

まぁ 正直 勉強はそんなに大事じゃないかも笑

受験する子は もう3学期の勉強なんて

とっくに終わってるでしょうしアセアセ

 

高校受験でも ひやひやでしたけど

この時期インフルエンザとか怖いですしね・・・滝汗

去年は ぴりぴりしてたのを思い出すと

小学生の体調管理は

もっと大変だろうなぁアセアセ

と 同情してしまいます

 

その上 中学受験は 大学と同じ

落ちることもありあり ですし・・・反省!

 

それに 

息子は 受験しないし 塾も行ってないので

「本当にそんなに勉強してるのか」

(私が脅してるだけじゃないのかと 疑っている)

半信半疑だったみたいですが笑

学校休んでまで 勉強する!!

という本気な話に

ちょっと認識を改めたみたい口笛

 

ちょっとは 受験って大変なもんだよ!!!!

と思えただけ よかった気もする

自分の時も 引き締めてくれよ照れ

 

ぽちーーーーーと

お願いいたします


読書日記ランキング

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村