ソウル大学教授のイ・ジョンジェさん

重量挙げのイ・ジョンジェさん

ファッションデザイナーのイ・ジョンジェさん

画家のイ・ジョンジェさんなど

同姓の有名人は多いですが

新たなイ・ジョンジェさんを発見



News of Lee-Jung Jae


女性ピアニストのイ・ジョンジェさん

プレイ姿がないかと検索したんですが

「下女」のジョンジェばかり出てくるので断念しました。




さて「泥棒たち」の話題

スタッフにも感謝をするため

29日に慰労会?感謝会を開いたようです

SSTV(韓国語)

30日一日 351開館で 1515回上映されて 5万5070人

累積観客 1232万6147人で

歴代韓国映画観客動員数2位に躍り出ました

後は韓国映画1位の「グエムル」

国内外を含むと「アバター」が1位だそうで
その両方を抜けるか注目されているようです



面白い記事があったので

写真で見るOh My Starベスト10(翻訳記事)


ユ・ジェソクさんはジョンジェと兵役同期の方でしたね


今回の「泥棒たち」でも行われた

俳優がホテルの1室にいて

カメラマンと記者が訪問して回ることを

ラウンドインタビューというそうですね


ジョンジェだけでなくほかの俳優さんの記事でも

見たことあるソファーとかカーテンとかあるかもですね

AD

OSEN



先日紹介したように

ソン・ガンホは 顔相の天才

彼を山奥から首都に導くキーセン キム・ヘス

主陽大君 (7代目朝鮮国王 世祖(Wiki) ) ジョンジェ

主陽大君と敵対する金宗端 ペク・ユンシク

 


とここまで書いたんですが

いつものサイトに翻訳記事 が上がってました

9月ごろにクランク・インの予定だそうです。


チョ・ジョンソクは写真左下 イノライフ日本語

イ・ジョンソクは写真下中央 イノライフ日本語

イ・ジョンソクさんは日本活動もしているようで

アメーバブログ もありました



先日紹介した「オーシャンズ11」

実は未見だったので 見ました。

ジョージ・クルーニーの声は渋いなぁ

ブラピはカッコいな。。ガルシアオーラ押さえたなぁ

以上!!!という感じ

いつ盛り上がるんだろう と思っていたら

盛り上がらないまま終了 えええええっ

「泥棒たち」は1216万885人

AD

SHOWBOX FACEBOOKより


「泥棒たち」を盛り上げようと 

「もしも泥棒たち2を作成するならどんな内容?」

なんて質問を出したりしていましたが

最新のお題は

「泥・棒・たち」で文を作ってね!

でした。



紹介が遅れましたが

1000万人突破 おんぶ&キスイベントには監督も来られていたんですね



News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae




チョン・ジヒョン 香港に到着(翻訳記事)


サイモン・ヤム 韓国の労働環境にびっくり(翻訳記事)

日本も少し似た感じかも。。。

AD

1190万9092人

「テグッキ(ブラザーフッド)」を抜いて

韓国興行成績3位に躍り出ました 

おおおーーーっ



さて 

友人がさっそく写真を撮ってきてくれました


News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae


帰りのバス停前でも見かけたので。。

と横長のパネルも撮影してくれました

多謝 多謝


News of Lee-Jung Jae


友人は織田裕二の大ファンで

「踊る大捜査線」の映画を見たいそうで

「場所を交換できたら 最高なのにね」と話しております

お互い見て感想を言い合う予定です。



「あなたが大好きそうな映画」と

日本公開前に英語字幕付き

「イルマーレ」のビデオテープを送ってくれたのが

この友人 

「気に入って何度も見ている」とお礼を言ったら

これまた公開前の「情事」や「インタビュー」などの

VCDを送ってくれたのも彼女

彼女がいなかったら私ジョンジェファンにならなかったかも?


12年近く前からの友人

頼んだらすぐ行動してくれて本当にありがたいです。

忙しくてずいぶん日本に来ていないので

会ったのは私が香港に出向いたとき以来

会いたくなりました 

1169万 4025人 

興行収入ランキング第4位に躍り出ました。


日本公開が未定な理由


その1 

大きなイベントでの公開を狙っている


その2

ある島の騒動が終わるのを待っている


その2が大きい気がします。

映画会社は買い取った金額+広告費+諸経費を

取り戻さなくてはいけないですから

香港やシンガポールと同じ時期に公開するよりは

もう少し落ち着いてから 公開した方が

興行収入も良いのではないかということではないでしょうか?


そういう意味でも早い解決を祈ります。





少しだけ楽しい話題?を

TeDTalkesでYouTubeのトレンドマネージャーが

流行はどう作られるかを

非常にわかりやすく面白く説明していましたが


韓国で大流行の江南スタイル がまさにそのスタイルに当てはまります。

ホンデスタイル 

大邱スタイル 

などパロディも製作され

江南スタイルの音源を使って踊る動画は

大量に存在します。

多分韓国でこれを聞かない日はないくらい大流行かと思います。


DA YO NE方式か と思う時点でおばちゃんですね(苦笑)

注文したCDが届きました。


News of Lee-Jung Jae


中は二つ折りのシンプルなつくり


News of Lee-Jung Jae



News of Lee-Jung Jae


未使用のいらないタンブラーとチラシで

遊んでみました。

ほしい人いましたら差し上げます。


映画は見ていなく

CDのみを聞いた感想は 

いまいちというのが正直なところ。


仕方がないとは思います。

監督の作品は 

めまぐるしく変わるテンポの早いシーンが多いです。

ので シーンに使う曲も必然的に短くなってしまうわけで

(31曲入りです)


「イルマーレ」や「情事」のように

長撮りのシーンが多く 台詞も控えめの映画で

普通に歌手や音楽家として活躍している方が作ると

1曲の長さが長くなります。


映像を離れてCDだけ聞くとなると

後者のほうが聞きがいがあるのは当然。



ですが

一部の冒頭には映画の台詞が入っていますし

映画を見終わった後に聞くと

いろんなシーンを思い出せると思いますので

買っても損のないCDだと思います。


イノライフさん


9月13日にシンガポール

9月6日に香港とインドネシアで公開決定だそうです。


チョン・ジヒョンが香港へ出向いて

プロモーションします 

マイデイリー翻訳記事

東方日報(広東語)



もちろん友人たちに見に行かせます

写真も撮ってきてくれないかなぁ

というか日本公開はいつなんでしょうね

誰がプロモーションに来るんでしょう?



そして

トロント映画祭(英語) に 

「泥棒たち」が出展されます

トロント映画祭 「泥棒たち」紹介ページ(英語)


YouTube で 海外用の予告が見れます

韓国版と変化はありませんが

英語字幕が付いて タイトルが英語です。

暑い中での撮影

テーマ:

暑いですね~

関東は瞬間的な夕立があるものの

ほとんど雨の降らない日が続いています。


韓国に旅行に行かれた方から

「とにかく暑くて 少し歩いてはお店に入って休憩」

という感じで 

思ったように行動できないほどの暑さだったと

伺いました。


韓国の夏は2回 香港の夏も1回経験しましたが

どっちも暑い

そして 室内と室外の温度差が半端ないですよね



そんな暑い韓国

こんな写真を見つけました ブログ

카스からもらってきた写真とあるんですが

카스が何のことやらわかりません。


暑い時期の撮影だけに

「肉の差し入れしたい」と思ったようです。



実際に 映画「新世界」の出演者とスタッフに

100人前のピザを差し入れしたのは パク・ソンウンさん

「大王四神記」 に出演していた方)


NEWSPIM(韓国語)

ファイティン



早ければ8月末に撮影開始だという

映画「観相」に

映画「茶の味」にも出演した

ぺク・ユンシクさんが出演決定したようです。

(相変わらずの 関係者の話ですが)

OSEN(韓国語)


News of Lee-Jung Jae


2010年映画振興委員会が主催した

韓国映画シナリオコンテストで大賞を受賞した

キム・ドンヒョクの作品です。

ソン・ガンホの演じる主人公ネギョンは、

没落した両班(ヤンバン、上流階級)の息子で、

生涯をかけて朝鮮各地を回って人相を研究した人物である。

顔を見れば、その人の性格だけでなく、心理や習慣まで分かる。

その能力を認められ、官職に就いて宮廷に入るのだが、

首陽大君(スヤンテグン)と金宗瑞(キム・ジョンソ)の権力争いに巻き込まれてしまう。





韓国時代劇は数えるほどしか見ていないので

ちょっと調べてみました。




主陽大君 というのは 7代目朝鮮国王 世祖(Wiki) の即位前の名前

(即位していない時は 「主陽大君」と書くべきですが

 世祖として説明させてください。)


父親は 4代目世宗(Wiki)  ハングルの制定を行った王です。

ドラマ「世宗大王」  運よく見てました。


世宗は体が弱く 

長男である文宗(Wiki) も体が弱かったようです。

世宗は 自分の没後 文宗が後を継ぐだろうが

体が弱いので長生きはせず

甥の端宗(Wiki) か 

次男である世祖が後を継ぐだろうと思います。

(実際 文宗は後を継いだ2年後に38歳で病死します)



次男の世祖は兄と違って健康で聡明

その一方で 勇猛で行動力があるので

自分と長男の亡き後 

甥との後継者争いは避けられないと思った世宗は

大臣たちに長男の文宗と

甥の端宗を守るように命じて亡くなります。



その命を受けたのが

領議政や右議政の大臣たち
そして 左議政の金宗瑞 

(総理大臣といえばわかりやすいかな?)


後を継いだ端宗が

11歳だったということもあって 

実質的に国を動かしているのはこの3人になりました。


そうなると面白くないのは王族

特に次男である世祖はなおさらです。

大臣たちは反乱を避けるために 

王族と政府の要人が内密な話をできない法律を作りますが

頭の良い世祖は あらをつついてその法律をなかったことにします。


世祖はさらに 

賛同するものを集めたり

明に行くなどして 密かに反乱の用意をします。

ある日 

自宅にいた金宗端を殺して 宮殿に向かい 

領議政の皇甫仁なども殺害

計画した仲間を大臣にして実権を握ります。

これが 癸酉靖難(ケユチョングナン)Wiki


宮殿にはいるものの 実権を奪われた

端宗は2年後に国王の座を譲ります。

江華道に飛ばした端宗を

端宗側にいた弟と共に王命により毒殺させます。

(端宗16歳 弟李瑢35歳)


王になった世祖は 反省したのか?

国事に励んだいい王だったようです。



この一連の騒動は

ドラマ「王と妃」  を見ればわかりやすいようですね。

NHK「王女の男」 でパク・シフが演じるのは金宗端の三男

(時代背景だけ本当で主人公2人は架空の人物)

ああっ 

もう少し早く観相のストーリーを調べておくべきでした。

いや ギリギリ 騒動に間に合うので見ようと思います。



で ここ一番大事

ユンシクさんが多分引き受けるのは 

65歳で暗殺された金宗端

金宗端と対立する と書かれているので

世祖を演じるのがジョンジェということですね

この二人の争いに 

ガンホ演じるネギョンが巻き込まれていくわけです。

映画じゃなくてドラマになるような壮大な話ですが

この争いは有名で 色んなドラマで扱われてきた題材

韓国人には常識なのかもしれませんね。


間違ってないですよね??

もう少し調べてみます。