肌寒い日が数日続いたのがウソのように暑い日が続きます

皆様は体調を崩していませんか?



News of Lee-Jung Jae

公開3日目にして100万人突破の勢いだそうです。

良かったですね!!!


朝鮮日報の記事

同作品は27日に49万2739人

(28日、映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク調べ)が

入場、興行成績1位の座を守った。

通算観客動員数は135万5380人で、

封切りから3日目で100万人を突破した。

これは今年公開された韓国映画では最短記録だ






朝鮮日報のチョン・ジヒョンのインタビュー

後日有料会員専用に移行するのでコピペしておきます



 「こんな風に生まれてくるのは簡単じゃないのよ」と真顔で言う。

突然キスをされても驚いた様子はゼロ。

逆に「ちょっと唇の力抜いてよ!」と忠告する。

「トンデモ女」なだけではない。

口さえ開けば「わい談」が飛び出す。

しかも「ニコチン中毒」でチェーンスモーカーのチョン・ジヒョンなんて…。

映画『泥棒たち』(チェ・ドンフン監督、ケッパー・フィルム制作)で

ロープ使いの達人の泥棒「エニーコール」のことだ。

そして、次からはチョン・ジヒョン自身の話。

チョン・ジヒョンは4年ぶりにスクリーンに復帰、

「『泥棒たち』のルックス担当」と自己紹介した。

また、キム・ヘスとの美ぼう対決に

「バストの大きさからして違う」と挑発的な発言をし、周囲を驚かせた。

 『泥棒たち』を機に、チョン・ジヒョンのビフォー・アフターがガラリと変わった。

撮影の間に一体何があったのだろうか。

■『泥棒たち』で一番恩恵を受けた…「感じるものがありました」

 何事にも慎重だった前所属事務所サイダスのころについて聞くと、

チョン・ジヒョンは「自ら壁を作っていた」と認めた。

 「あのころはすべてに不慣れで難しく思っていました。

なぜなら、よく分からないから。今はデビュー15年目。

子どものころのように何も言わないで慎重になっていたらおかしいでしょう。

これが本当のわたしです。

人はそうすぐには変わりませんから」

 結婚した影響もあるのかと聞くと

「確かに余裕はできましたが、それがすべてではありません」と答えた。

それよりも共演者が全員兄弟姉妹のようだった

『泥棒たち』のチームワークがリラックスさせてくれ、気持ちよかったそうだ。

 「キム・ユンソク先輩も言っていましたが、

『泥棒たち』の撮影現場にスターはいませんでした。

俳優がいるだけです。信じ難いことですが、実際にそうでした」

 インタビューの間ずっと明るく、キラキラしていた。

この作品にはキム・ユンソク、キム・ヘス、

イ・ジョンジェ、キム・スヒョンら人気も実力もそうそうたる俳優たちが出演するが、

その中でもチョン・ジヒョンは特にはじけている。

「おいしいせりふ」はほとんどチョン・ジヒョンの口から飛び出す。

映画のオープニングもエンディングもチョン・ジヒョンが飾っている。

 「台本をもらってすぐ、胸に感じるものがありました。

チェ・ドンフン監督は大好きな先輩のご主人。

映画『4人の食卓』(2003年)でご一緒したアン・スヒョン・プロデューサーを通じて

『泥棒たち』という作品が制作されることを知り、

自然とやりとりするうちに出演することになりました。

登場人物のキャラクターを前面に押し出した映画、

女優にはキャスティングされにくい強烈なキャラの役、

そしてヒットメーカーの監督が手掛ける作品…。『とにかくやりたい』と思いました」

 危険なアクション、普段は口にすることもない毒舌、

ひっきりなしに吸い続けるたばこが問題になることはなかった。

アクションとたばこは『ラスト・ブラッド』(09年)、

『星から来た男』(08年)ですでに経験済み。

毒舌はむしろもっとひどくもできたが、

監督がストップを掛けたため我慢したという。だからといって楽だったわけでもない。

 「自分ではうまくできると思っていました。

『私はアクション俳優だ。心配するな』。

監督にも大声でバンバン言いました。

後で気付いたんですが、あったのは自信だけでした(笑)」


■仕事よりも愛…「私の人生で最高の選択は結婚」

 チェ・ドンフン監督は先日

「チョン・ジヒョンを見ると、マリリン・モンローのようだと思うときがある」

語った。

監督の意図とは違い、自分の演技を毎回するのに、

本人ならではの魅力があるためよく混乱したそうだ。

楽しさというエネルギーがあふれる女性、本能的に演技を楽しむ女優。

チェ監督の目に映るチョン・ジヒョンの姿だ。

 撮影序盤は演技が思い通りいかず焦ったという

チョン・ジヒョンも同じようなことを話していた。

香港・マカオロケを終えて韓国に戻ってきたとき

「エニーコール」という役の空気が体に染みついているような様子だったが、

そのとき「女優としてとてつもない喜びを感じました」と振り返る。

「その『いい感じ』が、現在撮影中の映画『ベルリン』でも続いています」

と話し、ほおを紅潮させた。

 チョン・ジヒョンは「最近演技がますます面白いと感じるようになりました」

と語った。だが、

演技の優先順位は人や愛よりも高いわけではないという。

突然結婚したように思われているが、本人にとっては自然な流れだったのだ。

 「わたしは人が好きです。仕事で幸せを探すのは愚かなことです。

結婚して、人を心から大切にするということがどういうことなのか分かりました。

恋愛のときとはまた違うでしょう」

 「生まれてからこれまでに一番よかった選択は?」

という質問にも、チョン・ジヒョンは迷うことなく「結婚」と答えた。

 「同い年だからけんかもよくしますが、結婚生活はいいですよ! 

大人になったような気がして。

結婚してからまだ日が浅いので、今も恋人同士のような気分です。

恋人と一緒に暮らしているような感じというか。

夫は自分の考えや主観がはっきりしています。

だからいい加減なことは絶対言いません。

そうしたところに引かれました。

もし私がエニーコールになって何かを盗むとしたら、

彼のそうした確固たる信念が欲しいですね」

AD

26日

イベントをあれこれしているようです


仲間4人以上で泥棒たちグループを作成して

映画を鑑賞してください

鑑賞後に 証拠写真?をUP&リンクしてください(かな?)

ブラックベリー携帯や釜山往復航空チケットが当たります



26日

25日の初日動員数が

韓国映画史上最高記録43万人を超えたようです

前売り券を持っていなくても申し込める

まだキャンペーンをやっていますので

公式サイトへ行ってみてください




「泥棒たち」公式HP(韓国語) のTOP動画がメイキングに変わっていました

左下の青いバーのようなものをクリックすると

通常の映画予告も見れます。



火曜日

「泥棒たち」が映画前売り1位を取りました

すでに試写会でご覧になった方も

FACEBOOK登録者にいらっしゃったようですね


7月5日 メイキング写真


News of Lee-Jung Jae



News of Lee-Jung Jae

News of Lee-Jung Jae



試写会の写真もあるんですが 画像が悪いので紹介は差し控えますね

 「泥棒たち」のFACEBOOK状態になっていますが

SHOWBOXFACEBOOK

AD

最近むさ息子ちんが 「かーかー」ではなく

「おかあさん」と私を呼ぶようになりました。

こうやって少しずつ成長していくんですね。


夏休みに入りましたが

あれこれ申し込んだ夏のカリキュラムに行かせて

下の娘と共にだらけないようにかっちり 管理して

忙しく「おかあさん」をしています。

(適当にしていたら後半でのしわ寄せが半端なかったので。。)



というのを言い訳にすっかり更新が。。。。

またやってしまった


なるべく追いつけるように更新頑張ります


24日COEXで行われたレッドカーペット

韓国でもここまで大々的にやるのは珍しいのでは??

中国側の俳優も駆けつけ にぎやかなイベントになったようです。

説明下手ですが 中央に中庭のような部分がある場所かな?



映画のプロモーションもあり 映画の撮影もありと

忙しい性か 少し疲れた顔のような、、、。

これで興行成績も良ければ この疲れも救われるんでしょうが。。



役のため?少しやせたような気も。。

襟の部分が金属の面白いシャツ着てますね


素足に革靴。。


News of Lee-Jung Jae


News of Lee-Jung Jae

naeil.com(韓国語)


によると ソン・ガンホ氏がすでに引き受けたといううわさの史劇映画に

キム・ヘス姉さんと ジョンジェ出演を決めたのではないかと

「泥棒たち」に続き共演があるのでは?

と噂されていますが あくまでも噂ですからね

ミンスク氏に続き 韓国映画界の重鎮男優と共演できたら

本当に名誉で素晴らしいことですね

実現すればいいですね


ハ・ジョンウ主演の映画「依頼人」は

ジョンジェが 出演のうわさがありましたが

結局はしませんでした

ジョンジェがやる予定と噂された役をチャン・ヒョクが演じています

日本公式サイト「依頼人」

なかなかいい出来になったようですね


AD

親友チョン・ウソンも登場したVIP試写会


試写会前に

記者会見も開かれました


キム・ヘスとのキスシーンについて

「もっと情熱的にしたかったが 劇中でそれ以上の関係にならなかったので

 無理だった」

と記者たちの笑いを誘った


キム・ユンソクさんについては

「先輩と共演したかったので とてもうれしかった

 呼吸を合わせるのは楽だった

 それよりも 先輩が心優しくてよかった


 共演者と呼吸を合わせるために

 自分の撮影が終わった後 部屋にみんなを呼んで話を毎日した

 誰かがしてくれれば。。と思ったが先輩がしてくださったので

 思い出に残る撮影になった。」

と手放しで尊敬の意と感謝を表しました。



ジョンジェにしては珍しいブレスレット

服とのセット だったのでは?

髪伸びてきましたね

オークション は 

ジョンジェとチョン・ジヒョンの服の

出品中に芸能ニュースで紹介された性もあって

そこそこいい値段になった気がします。




News of Lee-Jung Jae

ジョンジェスーツ 226000W  約1万5000円

ジヒョンチューブワンピース 61万ウォン  4万2000円


やはり予想通り 日本ではありえない金額に収まりましたね

シャツに至っては 75000W 5000円


倍いや3倍出す!なんてつぶやきが聞こえてきそうです。




最後のオークションが進行中です


News of Lee-Jung Jae
キム・スヒョンのライターが終了前に

ジョンジェのスーツの金額を超えました

272000W  約1万9000円

さすがですね~ 


記事追いかけて更新したいと思います

645100W 日本円で約45000円と一時期なっていました


オークション記録 を見て

急に値段が跳ね上がりすぎているので

一桁多めにミスしたんじゃないかと思いましたら

見直したら 削除されていました(笑)





おまけ


「黒水仙」 撮影風景 (動画)

珍しい恰好?のジョンジェも 撮影場所に応援に来て

インタビューに答えています

PIFFに参加したジョンジェが「黒水仙」について答えている動画



ついでに 「ハウスメイド」のジョンジェのワインの飲み方は

メジャーな話題で取り扱われているんですね

YouTube  韓国のTV番組

「下女」のイ・ジョンジェのように。。

「そうやって飲む理由はなんだよ~」

と突っ込みながらも 「下女飲み」でワインを飲むもう片方の方


錦織圭君 3回戦敗退は残念でした


マッケンローとかアガシとか グラフとかナブラチロア

とか 自分にとってもテニス黄金時代 4大大会は必ず見てました

久しぶりにプレイスタイルの好きな選手がでてきて

(錦織選手なんですけどね) 久しぶりにウィンブルドン見ました。

でも ウィンブルドンって 期末テストにぶつかるんですよね


中高生のお母さん 子供さんの応援 頑張ってくださいね~


ジョンジェのテニス姿。。は「フィーリング」だけかな?



さて 先日紹介したオークション


News of Lee-Jung Jae


17万ウォン (先日は0を多めに計算してましたね)

日本円で 12000円 で終了が最高金額でした


公開されているスチールで着ている衣裳

が出品されています


News of Lee-Jung Jae



News of Lee-Jung Jae


News of Lee-Jung Jae
News of Lee-Jung Jae


シャツは同じものを2枚準備していたということですかね?



ジヒョンの衣装は スチールが見当たらなかったのですが

こちらの予告


マカオでキム・スヒョンと一緒に歩いていて

胸をグッと寄せるシーン 45秒あたりで着用している衣裳です

News of Lee-Jung Jae


すでに113000ウォン


さてジョンジェの衣装はどこまで上がるのか。。

多分そこまで上がらず 皆さんが

「その程度なら 倍出しても買う~」というくらいの

値段で終わるはずです