ユーロドル日足:スパンオートシグナルによる大局観把握とトレード戦略 | マーフィーの徒然日記

マーフィーの徒然日記

自分の専門分野であるFXや株式、商品市場のことだけでなく、日々感じたことや思ったことを勝手気ままに綴ります。

■ユーロドル日足スパンオートシグナル

 

 

添付チャートは、ユーロドル日足をスパンオートシグナル
https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

 

 

以下、スーパーボリンジャー部分とスパンモデル部分に分けて、
解説します。

 

 

<スーパーボリンジャー>

 

現在、レンジ相場と判断します。

 

 

判断根拠は、


1)遅行スパンがローソク足に絡んで推移していること、


2)バンド幅の拡大傾向が止まっていること、


3)各σラインやセンターラインの向きがほぼフラット傾向
となっていること、
等々です。

 

 

目先のトレード戦略としては、カウンタートレードを行うか、
相場の放れを待って、トレンドに乗るか、となります。

 

 

また、今後、トレンド発生の際の「相場の放れ」の条件は、

 

1)遅行スパンがローソク足から上放れる、もしくは、下放れる、

 

2)終値が+1σラインの上方にて引ける、もしくは、-1σラインの
下方にて引ける、

 

3)バンド幅が拡大傾向に転じる(「エクスパンション」と言います)、

 

4)加えて、追加補足条件として、放れのタイミングで、終値が
+2σラインを上回る、もしくは、-2σラインを下回ること、
さらには、遅行スパンがローソク足のみならず、+-2σライン
をブレイクすること、

等々です。

 

 

 

<スパンモデル>

 

まず、背景色が薄赤色であることから、赤色スパンが陰転中であること、
つまり、地合いとして、ユーロ売り優勢局面にあることが確認できます。

 

 

そして、赤色スパン陰転時の猶予期間中につけた安値水準の上方を推移
する中で、逆行パターンのユーロ買いサインが点灯していましたが、逆行
パターンの買いサイン点灯時の最終ターゲットである+2σラインに到達
した後、反落していることが見てとれます。

 

 

また、青色四角枠が出現しており、買いシグナルが点灯中ですが、買い
シグナル点灯時の猶予期間中につけた高値水準の下方を推移しており、
逆行パターンのユーロ売りサインが点灯中です。

 

 

ちなみに、大局観判断チャートにてレンジ相場の地合いにある時は、
下位の時間軸チャートにて、スパンモデルシグナルや赤色スパンの
逆行パターンのサインが点灯しやすい点を活用したいところです。

 

 

つまり、カウンタートレーディングやレンジトレーディングを行う
チャンスが多いということでもあります。

 

 

 

★★より詳しい解説等は、

マーフィーの実践トレードコーチング

を参考にされてください。

 

 

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。

スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。

http://www.xfine.info/sauto/

 

 

 

★★マーフィー流FX

「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。

こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/